J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

昭和レトロなタックギャザースカート

IMG_3118.jpg

リブ編みの分厚いタイツは、パンツよりはるかにあたたかいってことが分かり、ならばとスカートを作りました。これまで、冬のスカートはウールで裏付きという固定観念があったけど、中を完璧にすればコットンでもOKなのね。

見た目の寒々しさは人様にご迷惑となるので、ストックから冬っぽい色を選びました 全く違うものを作る予定で買った布らしく、3mありました。何を作るつもりだったかは全く思い出せません

去年あまりのあったかさに、色違い・同色で4枚も買ってしまったユニクロのモコモコセーターと先日編んだショールに合わせてみました。あっ、これは参考コーデじゃないからね、保温コーデよ。スカートの下は、スカート型とパンツ型のペチコートの2枚重ね、その下は、厚手のタイツかスパッツに靴下。これで、寒い日でもほかほかでいられます

IMG_3119.jpg

パターンはポルカさんの簡単タックギャザースカート。ギャザー寄せではなく、タックで済むのは私にはメチャクチャ気楽です。同じ作り方のパンツはタックを表からコバを押さえるけれど、スカートは裏縫いだけ。ギャザーはゴム任せ。あっという間に出来ます

安っぽいトップスにコットンのスカート。いい年した大人がする格好ではないけれど、最近は気にならなくなりました。気にするところは、手作りじゃないものか何点あるか。これからも、さぼらず手作り品を増やして行かないと、ですね

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

葉っぱ風のコースター

_MG_2640_20180210145943080.jpg

粉引きのカップに合うかなと思い、葉っぱみたいなコースターを編みました。編み図は「かわいいあみもの」から。この本は絶版みたいで、Amazonで中古を購入しました。ダルマイングス手編み糸の宣伝本みたいですよ。にも関わらず、すでに掲載糸は廃盤。カフェグリーンは素朴な色合いが可愛い糸なのに...ショックです。

_MG_2645_201802101459450fa.jpg

仕方がないから、細めの糸の引き揃えで編みました。糸はピエロさんのフレンチリネン(ポンデュ ガール)。リネン100%なのでガシガシ洗えますね。カフェグリーンは綿とアクリルなので風合いは全く違ったものになりましたけど まあ、リネンだから洗えば少し柔らかくなるし...ただ、編みづらい、編みづらい。滑らないし、引き揃えだからひっかかる、割れるで、慣れるまで苦労しました

_MG_2636.jpg

サイズは、粉引きのカップがやっと収まる感じでした。ちなみに、ポットは目数と段数を増やして少し大きめに編んであります。

それにしても葉脈が...苦手の刺繍で最悪だけど、もしかしてこれが素朴というものか?ポジティブ、ポジティブ

_MG_2657.jpg

濡れる、汚れる前提のコースターに毛糸や布を使うのは嫌いなんだけど、なんとなく最近は「それもいいかな」って思うようになっています。こうして重ねてあるだけで、ほんわか優しい気持ちになります。上手に出来ていなくても、それはそれ。手作りって、不思議と落ち着くものですね。


Category : 編物
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

無料DLパッケージは便利よ

IMG_3054_20180213112336908.jpg

明日のバレンタインデー用にチョコや手作りスイーツを用意されている方も多いと思います。小さなお子さんがいると、女子友にあげるチョコも沢山必要なのかしら...。そんな時、ちょいとお得な袋買いをして、可愛い箱に詰め替えるだけでそれなりのものに仕上げる裏技?らしきものがあります。それが無料でダウンロードできるパッケージ。印刷・切り取り・組み立ての工程だけで済みます。結構素敵なデザインがありますよ。

ポイントは印刷紙と切り取りテク。私は、つやつやな写真用光沢紙が好きです。ダーク系ならマットも素敵かも。切り取りは上手にしないと手作り感が強く出るので、頑張りどころです。ハサミではなく、カッターやデザインナイフで丁寧に作業すると、それなりのものに仕上がると思います。

IMG_3056.jpg

写真の箱は、最後に花を差し込むという変わった仕様。花の一つにはフランス語の単語が書いてあります。気にしなければこのまま使えますよね。ちなみに、日本語で「わずかに」「沢山」「情熱的に」「愛している」などが書いてありました。バレンタインに使っても問題ない言葉ばかり..たった一つ、「Maman」という単語を除いては。多分、母の日用のパッケージなんでしょうね。まあ、花は一つでもいいし、差し障りのある単語にはシールで別な模様や文字を入れることで使いまわし出来ます。PDFをいじれるなら、この部分の文字を消すことも可能ですね。

IMG_3059.jpg

小さい箱もあるので、中身に合わせて選んだり縮小したりすると、数十円で好みの箱が手に入りますよ

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

かぎ針編みのロングストール

IMG_E3045のコピー

かぎ針編みのマフラーです。編み図はATELIER*mati*さんのシルクのロングストール、毛糸はピエロさんのファインメリノ(サフランイエロー)です。

レシピの糸は廃盤シルクで、編み図通り232段編んでも3玉弱とありました。私はメリノウールを使って編み始めた所、毛糸4玉がガンガン減っていき、とても指定段数編むのは無理みたいでドキドキでした。とりあえず3玉追加で購入するも、ビビってしまい192段で終了し、周りを編むことに。外周を編みって、意外と毛糸使うから侮れなくて。でも、これは思ったほど毛糸が減らず2玉残し、合計5玉で完成しました。40段=40センチ近く短くなるけど計算ミスなので仕方ないです

IMG_3043のコピー

3重巻すると余裕が出ないので、ショールピンで留めてみました。

かぎ針編みは棒針編みと比較して編み地がかっしりした感じになるけれど、かぎ針編みなりの良さもありますね。大きめな松編みがレーシーなので、優し目ワンピースやスカートにどうかなぁ


Category : 編物
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

柚くんがお星様になりました

IMG_3006のコピー

2月3日節分に愛猫・柚くんが静かに息を引き取りました。行年19歳の大往生でした。

彼とは19年前の七夕、天の川(珍しく晴天だった)の下で出会いました。それまで、夜遅くに一度も部屋を出たことがなかったのに、預かっていた赤ちゃんフェレットを抱える友人を助けるため初めて部屋を出ました。

マンションのエレベーターを降り、エントランスに入るドアのところで、外から私をじーっとみつめる小さな生き物がいました。「耳デカ!ギズモか?」と思ったものの、そのまま無視して通りに停めてある車に荷物を詰め込みました。ふと足元を見ると、ちょこんとお座りしたその生き物が、じーっと私を見上げているではないですか。その時、時間が止まったように感じました。「ワープでもしたんか!」。すぐ横は車も走っているし、このままでは危ないと思い咄嗟にその子を抱き上げました(両脇に手を入れて身体からは離してました)。ただ、猫には不信感があり、かなり苦手な私。うっかり触ってひっかかれた怖い。そうなったら、そのまま離そうと思いました。でも、抱き上げたその子は、私を信じているかのように力を抜き、ひとこと「にゃー」と鳴いたのです。

このままでは、事故で死んでしまうと思いま、迷わず一軒家に済むその友人に押し付けました。うちはマンションだし、すでにフェレットが4頭いたので。でも、翌日、友人の大家さんのNGがあり改めて飼い主探しをすることになりました。2日して見つからなかった時、なぜかあの子を手放してはいけないと思うようになっていました。まるで啓示かなにかのように。そして、柚はうちの子になりました。

実は、それまで絶対の犬派で、愛する犬たちを馬鹿にする態度をとる猫は天敵でした。しかも、猫って意味もわからずひっかくし、本当に苦手というか怖い存在。それが実際に飼ってみると、柚は犬より忠猫でした。私には絶対服従。宅配やさんには可愛くご挨拶し、業者さんがくれば部屋に案内し、御用聞きさんにも愛想を振りまきました。病院でさえみんなにご挨拶をして Curiosity killed the catを地で行く猫でした。

柚の失敗に腹を立て(動物の失敗は飼い主の責任ですよ)、怒鳴って追いかけた時も、猫なら絶対につかまらないところ、すぐに止まって私が納得するように「蹴り」を受けていました。同じようにもう一匹の猫らしい猫の伊万里にやったところ、3日も口を聞いてくれませんでした(非難する目が痛かった)。柚が特別だったのでしょうね。犬は蹴られても、怒鳴られても、無理やりハグされても我慢するし、飼い主が大好き。柚はそんな犬みたいな猫でした。

IMG_4667のコピー

晩年は犬の小雪を敵視して意地悪でした。私を独り占めするためなら何でもしました。そして愛情深く見つめ、好き好きオーラ全開。数年前から腎臓病を患い、療法食とお薬の毎日でした。進行が遅かったのもあり、獣医さんからは「墓場まで持っていけるといいね」と言われていました。私もそれを望み、結果、その通りになりました。

ここ一年は後肢が弱くなり上手に高いところに上れなくなっていました。そのため、我が家のリビングは人が通れないほど即席の階段だらけに。低めの椅子に座ると、寝ていても速攻寄ってきて抱っこの要求。大きい猫だから、小さな私の膝にはおさまりません。仕方なく手で柚の頭を支えたままドラマ1本...肩こりになりますよね。でも、全幅の信頼を受けたらそうするしかありません。それだけ私を信頼しきった猫でした。

見た目が可愛い、愛想のよい猫は沢山います。でも、私だけを100%愛してくれる猫は、もうこの世にはいません。私は、責任を持ってもう一頭育てる年齢ではないため、柚は最初で最後の猫さんになりました。彼にとって、それが何よりうれしいことだと思います。

これまで何頭も見送ってきて、沢山のありがとうを言ってきたけれど、その中には尽くしきれずに「ごめんね」が必ず入っていました。それを言わないために生きているうちに後悔ないよう頑張っていても...。それが、柚にはありません。そして、これまでの「ありがとう」の言葉も、柚に限っては「出会ってくれてありがとう」になっていました。

柚のことだから、頼まなくても「虹の橋」のたもとで、周りには一切気を止めず、ひたすら私を待っているのでしょうね。まるで、それが楽しくてしかたないかのように。そこまで私に思わせるなんて、ほんと、柚って凄いわ!

私から最後の言葉です。「あなたのやりたいように。それはきっと叶うから」。ガラス越しに初めて私と目が合った時、あなたは全てを決めていたのだと思います。一目で私を選び、自らの力で私との生活を叶え、私と生き、好き好き好きで幸せで...全部自分で選んで勝ち取って来たことだからね。

そういえば、これまでマンションの敷地内で彼以外の猫を見たことはないなぁ。やっぱり、柚はただの猫ではなかったのかも...。

Category : その他
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback