FC2ブログ

J*の手しごと

誰もが持つ心の中の小さな箱。その箱に添えるお気に入りを作っています。

Latest articles
乳製品不使用 鹿の子入り抹茶マフィン
READ MORE

乳製品不使用 鹿の子入り抹茶マフィン

卵、乳製品不使用の抹茶マフィンを焼きました。鹿の子がまだ余っているので、この手のを作らないとです卵や乳製品のかわりが、最近みつけた製菓用ごま油なるもの。これがとっても使いやすく、お菓子にぴったりです 砂糖のかわりはメープルシロップ。こうしたヴィーガンスイーツでは一般的な組み合わせです。香りが個性的な菜種油を使うより、ほとんど香りのない太白ごま油か製菓用ごま油を使うほうが万人受けすると思います。ただ...
0
桃型のプチパン
READ MORE

桃型のプチパン

桃みたいな形のパンを焼きました。動画で見た成形です。端をちょっと摘むだけで形がぐーんと可愛くなりました。しっかり捏ねたので、翌日もあまり劣化は感じません。シンプルだけど、とても美味しい(小麦と塩が)。下手に何かつけるともったいないくらい、そのままが美味しいパンです。若い頃人気ダだったダブルソフトのイースト臭が凄くて、以来スーパーで売っているようなパンが食べられなくなりました。なのでパン屋さんで買う...
0
バーガーバンズを焼く
READ MORE

バーガーバンズを焼く

車麩のフライとキャベツのバーガーサンドを食べたくて、小ぶりのバンズを焼きました。型は、浅井商店さんの四角と丸のセルクル。手持ちは、四角が2個、丸が2個です。足りない分は手作り...面倒だから、あるもので何とかすることにしました。イングリッシュマフィン用セルクルは一段では高さがなかったため、調整の結果2段重ねに。当然のことながら、4分割する生地は方の数に合わせて3分割。型の数に合わせるのが私流?とい...
0
鹿の子入り抹茶パン
READ MORE

鹿の子入り抹茶パン

少量の粉で、手捏ねの鹿の子入り抹茶パンを焼きました。本当はヨモギパンのはずが、粉が賞味期限を遥かに越していたので諦めて抹茶にしました。抹茶、そんなに好きじゃないのよねぇ。でも、色はさすが美しい!実は、一次発酵で思うように膨らまず大苦戦しました。前もそうだったけど、石窯で30度の発酵って難しいみたい。35度設定のほうが膨らみます。このあたり、調べていくと気温で温度設定するみたいですね。季節によって、...
0
パッケージが可愛いムーミンカフェ
READ MORE

パッケージが可愛いムーミンカフェ

パケ買い 上島珈琲とムーミンカフェのコラボコーヒーです。めちゃ可愛くありません?色合いも素敵。3種類あり、Morning, Evening, Weekendだけのものと、それにプラスしてフレーバーやブレンドが入っているものがあります。別にムーミン好きではないし、読んだことも見たこともないけれど、可愛いものは可愛いです。中には、コーヒーの他に、ドリップ用の紙製のホルダーが入っています。直接カップにのせて淹れることができるの...
0
またしても鍋を焦がす
READ MORE

またしても鍋を焦がす

ポップコーン作りました。子供の頃作ったきりで不確かな記憶のみで作ってしまったのが鍋焦がしを引き起こす原因に 今時、ネットで簡単に検索できるんだから、面倒がらずにチェックすべきでした。原因は火加減。本来は弱火で終始が焦げない方法だったと思います。それを強火でやったから鍋の中は火事みたいに煙でモクモクに 気づいた時はコーン焦げ、鍋底もしっかり黒くなっていました気を取り直して作り直し。今度は弱火ではじめ...
0
カンパーニュ風ライ麦パン
READ MORE

カンパーニュ風ライ麦パン

年明けから左腕、特に肘関節まわりが痛くて、いわゆるテニスエルボーっぽいのになっています。編み物が原因かと控えたり、編まなかったり。それでもいまだに良くなりません。ということで、もっぱらの愉しみは編み物ではなくパン作りとなっています。今回は、前回の反省もあり、ハード系パンでも高加水ではないレシピでリスドォルとライ麦のカンパーニュっぽいパンを焼きました。参考レシピは、Youtubeの早起きMeekaさんですが、作...
0
林檎とレーズンのちぎりパン
READ MORE

林檎とレーズンのちぎりパン

林檎とレーズンのちぎりパンを焼きました(tebetetteさんレシピ参考)。一次発酵まではホームベーカリーです。生地がゆるくてべとべとだったので、きれいなちぎりパンにできませんでした 牛乳は入ってますが、バターは外しました。それでも、ふわふわで滑らかに焼けましたよ。味見したら、とまらずに3個も食べちゃいました。翌日もふわふわのままで美味しくいただけましたリンゴは砂糖たっぷりで煮るのではなく、動画で見たロース...
0
加水率100%のストウヴパン
READ MORE

加水率100%のストウヴパン

せっかく石窯オーブンを買ったので、ずーっとやってみたかったストウブパンを焼いてみました。18センチのココット型なら余裕で入ります。今回は捏ねないオーバーナイトのパンに挑戦。さっそく、何も考えずにレシピ通りに計量。混ぜていると水分だらけで気づいた。これって、加水率100%じゃん パン作り上級者でも100%で作る人って少ないのでは?これは、まずいですよ、実に危険な香り....。案の定、材料を混ぜて野菜室に入れた...
0
レーズンパン焼きました
READ MORE

レーズンパン焼きました

ホームベーカリーに一次発酵までお願いして、あとはオーブン焼きのパン第二弾です。今回はレーズンパン。レーズンがたくさんあったので今回、初めて「白神こだま酵母」を使いました。ドライタイプなので、事前に温度管理した温水で溶かしておく手間が加わりますが、やっぱり天然系が良いので粉は「春よ恋」がほとんど残っていなかったので、「はるゆたか」をメインにしました。そして、バターやミルクは不使用です。実は、作り方を...
2
懐かしい色合いのストール
READ MORE

懐かしい色合いのストール

 中細程度の段染めと生成りの糸で平織ショールを織りました。段染め糸のみを見た時は、とんでもない色だと思いましたが、生成りと合わせて織ってみると、濃い色のトーンが抑えられていい感じに。何より、昭和30~40年頃人気だったウール生地にそっくりに織り上がりびっくり。こんな生地のタイトスカートやジャケットを着ている女性をよく見かけましたウール100%なので、仕上げ作業の縮絨とフリンジのフェルト化をする...
0
こゆパン焼けました
READ MORE

こゆパン焼けました

ホームベーカリーとオーブンの合わせ技で、初めてのパンを焼きました。最初に焼いたのはオーブンの料理集に載っていた「ふわふわ白パン」。低温で焼くことで、焼き色がつかないパンです。ただ、心配ですこし延長焼きしてしまい、かるーく薄茶がついちゃいました この色合いが、うちの小雪の毛色ということで、「こゆパン」と命名してリピ焼き予定です。作り方は、ホームベーカリーの生地作りで一次発酵までお願いし、取り出してパ...
0