J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

汗疹に効果覿面だったビワ酒スプレー

IMG_1869.jpg

喉と気管支のために苦労して仕込んだビワの葉酒 今年の冬は必要なかったのでちっとも減らず...このままでは苦労が水の泡に!ということで、別の用途で人体実験を行いました。それが、ここ数年悩まされている真夏の汗疹対策。

自宅生活になってから、毎年胸と背中にできるボツボツ。痒いし、見た目が悪いしで困っていました。去年はアロマスプレーを作ったけれど、コストも手間もかかるわりに劇的な効果は得られず...そこで、今年は持て余していたビワの葉酒を試すことにしました。これに関しては特に技とかはなく、原液をそのまま100均のコロンスプレー容器に注ぎ入れ、胸と背中に思い切りシュッシュッするだけ。

使うタイミングは、お風呂やシャワー後、痒いなって思った時いつでも。シュッシュッ後は、なぜか掻き壊しなどのキズがないのに、ところどころにエキスがしみてピリピリします。この刺激が実に心地よく、痒みがおさまるのです 今年は涼しい日が多かったから効果の程は正確には分かりません。でも、汗疹で嫌な思いをすることはありませんでした。

使用感は、ビワの葉酒は焼酎の中に枇杷葉エキスが入っているということでアロマスプレーみたいにサラサラしません。スプレー後、「何かついてるぞ」感があるの。肌の表面がコーティングされたというか、キュッキュッとなるのです 香りは、焼酎と生薬系だから、苦手な人はいるかも。

持て余し気味だったビワの葉酒消化プログラムではじめたことだけど、期待以上の効果がありました。季節物につき秋にはお役御免になりますが、これがあるというだけで安心です。来年も汗の季節になったら、惜しまずシュッシュッしたいと思います。まずは、人体実験大成功!!!

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

夏の皮膚トラブルはアロマテラピー

IMG_5094.jpg

最近、汗疹や湿疹に悩まされていて、それらをアロマで治療中です。汗疹はスプレーローションで大分改善してきました。年かと思ったけど、きっとお家にいるせいね。冷房きいてるオフィスにいたら、汗疹なんてできるはずもないもん。それと、去年の秋〜春先まで右手人差し指第二関節が湿疹→乾燥でひび割れ&出血で酷いことになってました。その場しのぎで治療せずにいたら、とうとう患部の皮膚が固くなってしまいました 今年の秋までに治さないとまたパックリです。今更だけど、ここにはラベンダー軟膏を塗ってます。

★汗疹には
ティートリー
無水エタノール
フラワーウォーター
精製水

★アカギレっぽい湿疹には
シアバター
ラベンダーアングスティフォリア

化粧品ではないので、シンプルに効果のあるなしが判断できるレシピにしてます。

そんな手づくりローションや軟膏に加える精油は信頼できるものを使うのは言うまでもないけど、今回みたいに効果を期待する成分が明確な時はケモタイプ精油を使ってます。

ケモタイプ精油は、オーガニックや野生種を主に原料としているプラナロムがお気に入り。高いけど仕方ないです。

IMG_5101.jpg

歯医者は保険の利かない自由診療で手厚くケアし、その他の医者には全く行かない私。なのに健康保険に年間何十万もかけるのは納得いかないですよね 

そもそも、ワクチンしたことないけどインフルみたいな風邪や急性の病気になったことがないの。逆に慢性病や花粉症みたいなアレルギー持ち。つまりは、西洋医学のその場限りの治療には向かない体質ってことなんです。体質改善しか回復の見込みなし

ホリスティックケアをやってるけど、西洋医学を簡単に受け入れられる体質ならこんな面倒なことはしなかったと思います。でも、小さいころから医者の処方する薬で発疹や七転八倒(一週間水さえ吐き続ける)の苦しみを味わい、薬が恐怖の対象。なのに医者は人の話をちゃんと聞かずに、ホイホイ薬を出すから行かなくなったわけです。こうなったら、自分で何とかするしかないよね(自分で分からない病気は病院でお見立てだけしてもらいます)。

自分の中で経口薬は漢方ならOK、あとは自己責任でホメオパシー、ハーブ、アロマやクレイ&マクロビオティックのお手あてをしてます(動物にはホメオパシーがよく効きます)。全部まとめたら軽く片手超えの大枚つぎ込んでお勉強したんだから、ここで知識と経験を使わずしてどうします?ですよね ああ、自分で治療するレメディや精油は医療費として還付対象にしてほしいわ!

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

手づくり柚子ローションの威力

IMG_3685.jpg

自然栽培の柚子を1キロ買ったので、ゴミとなる種で柚子ローションを作りました。柚子の種で作るのは今回が初めて。どうなるかと思ったけど、素晴らしいローションに出来上がり、ビックリぽんしてます

初めてだからと、お試しで二種類のアルコールで抽出。それぞれ、消毒した瓶に種を入れ、種の3倍のアルコールで浸したら、1〜2週間冷蔵庫でゆっくり抽出。この間、一日一回は瓶をシャカシャカとシェイク。種が団子状にかたまって沈んでいるので、アルコールの中でスイミングさせるの

完成した抽出液はキサンタンガムでトロミをつけたようにドロドロ。なので、ペーパーフィルターで濾すのは気が遠くなります。気短な私は、目の細いカップ状の網でサクッとやりましたわ この種は何度も使うから、神経質に濾す必要はないと思うの。

毎度のことながらレシピは適当。

★フェイスローション
柚子の種(洗わない)
無農薬米純米酒  柚子の三倍目安
オーガニック・ホホバオイル 適量 (完成品はシェイクすると常温ならオイルは分離しません)

ホホバオイルとは、ツゲ科の多年草の種子から抽出される天然のオイルのことで、主成分がワックスエステルなるもの。つまりはオイルじゃなくて正確にはワックス。なので、オイルのようにすぐに酸化せずに安定しているという理由で、今回添加オイルに選びました。

使用感は、今まで作ったローションより頭2つ抜けてますね。トロミ最高〜〜〜〜 驚いたのが、ハンドローションにも最適ってこと。愛用の手づくりバター軟膏と違ってベタベタしないし、塗ったあとしっとりなのにサラサラなのが気持ち良いです。

日本酒バージョンは日持ちしないので冷蔵庫保存が望ましいけど、ホホバ添加で低温だと分離します。ということで、小さな容器に入れて二週間以内に使い切る予定。美肌ポイントとしては、その容器をいつも手元に置き、気が向いたらパッティングすることかな。実際、スッピンが嬉しい、お肌モチモチよ!

★ボディローション
柚子の種(洗わない)
無農薬米焼酎 25度(飲用です)柚子の三倍目安
オーガニック・モリンガオイル 少量 
 *)常温でも分離したままなので少量。ただし、経過とともに分散してくるのでつけるのに無問題。
オーガニック・ローズウォーターブルガリ(ベースの1/4)

試しに顔につけたら、ちょっと違和感。アルコール度数だけでなく、醸造の方法も違うので(焼酎は蒸留)お顔には栄養過多な日本酒が私には合ってますね。

種は何度も使えるので、濾したあとはアルコールを加えての抽出作業に戻ります。とはいっても永久ではないので、なくなった時どうしようですよね。1キロ柚子追加で買うの?うーん、種が目当てってどうなんだかなぁ



Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

「老け手」のお手入れにはコレ!

IMG_2527.jpg

これまで市販のハンドクリームに満足したことがなく(乾燥が激しいくせにゴム手袋しない派)、蜜蝋とバターやリッチなオイルで手作りしていた私。それでも、最近はマメに手入れをしないと追いつけなくなっています。なのに冬の間、頑張ってこなかった結果、とうとうゾウさんみたいな手になってしまいました 老婆よ。これ、老け手って言うらしいです(NHKで見た)。

これではいけないと思い、私の必殺コスメで集中手入れをすることにしました。それが写真のローションバー。蜜蝋の量が多いから、手に見えない手袋をする感じ。石鹸程度では落ちないから、カバー力は確か。しかも、オイルの多いリッチなものがギラギラするのに対し、これはそれほどヌルヌルはしないのもイイよね。

最近はコスメや石鹸を作ってないから材料のストックにバラエティーがなくて、あるもので作ってます それでも、無添加だしオーガニック素材だしで市販のものよりリッチにできてます。

☆レシピ (小さなハート4個分)
蜜蝋         12g
シアバター      12g
マカダミアンナッツ油 17g
紫根IO        数滴
フランキンセンスEO  4滴

オイル類を湯煎で溶かし、エッセンシャルオイルを最後に加えるだけ。蜜蝋が多いので、速攻かたまります。深い入れ物で溶かすと型に流し込む前にビーカーの壁や口にひっついちゃうので、できるだけ小さめのビーカーで作るのが無駄なく型入れするコツです。

やはり凄いねぇ。軟膏やクリームだとつけてまもなくカサカサしちゃうのに、これだといつまでもしっとり。しっかり塗り込めば鉄壁の守り!「カサカサなんてどこに?」ってな感じです。ちょっと柔らかめに作ったので使い勝手も良くできました。これで、せっせとお手入れすることにします。市販品では絶対に得られなかった満足感。自分にピッタリのコスメが作れて幸せだわ〜〜

Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback

手作りより買い?ミネラルファンデーション

IMG_0145.jpg

自作でミネラルパウダーを作るものにも課題があり、結局オンリーミネラルを使っていた私。まあ、たまの外出以外は週3回のジム通いで紫外線避けに粉をはたく位。しかもすぐに汗で流れるから、実際は数時間もしかつけてないんだけどね。それでも気を使うことにしました。

買ったのは写真のオーブリーオーガニクスのシルケンアース トランスルーセントベース(色:ポーセリンベージュ)。私はシルクをパタパタしてもアレルギーがないので、シルクベースでもいいかなってことで、これにしました。経験から、大量に使わない人は材料を買うより経済的です。

IMG_0148.jpg

このパウダーが安心なのは、酸化亜鉛と二酸化チタン不使用ってところ。ハンドメイドでも二酸化チタンとか入れて紫外線避けしますよね。オレンジフラワーさんのチタンはアミノ酸コーティングとあるけど、あちこち見てるとコーティングの有無も書いてないし、超微粒子とか微粒子とかの定義もわからない(ナノだったら困るし)から、入っていないにこしたことはないかなと。

お値段的にはオンリーミネラルと同じくらい。でも、量はオーブリーが10倍あるの。すごいお得..のようだけど、使う量は数倍だから同じかも。つけた感じはオーブリーのほうが好き。ミネラルはほんのすこしで着いた感があるし、重ねるとババア度がUPされちゃうけど、私の下地と使い方ではオーブリーは何度重ねづけしてもちーっとも粉浮きしないし、きれいにカバーされていきます。断然こっちのほうが好き!紫外線カバー力はゼロに近いけど、肌は何もしないより少しだけキレイに見えます。ただ、シナモンの匂いが気になるかなぁ。苦手な人にはキツイかと思います。

さて、ファンデーションにカバー力がないなら、サンスクリーンで何とかしましょうか?骨粗しょう症か老化かという究極の選択だけど、身体老人の美魔女より元気なババアの方が断然イイ!というのが私の価値観。ということで、最低限のことだけすることにしました。

あっ、沖縄のオバアの骨密度が他県とくらべて高いというけど、それは食べ物じゃないと思うの。太陽パワーよ、絶対。やはり紫外線が骨を育てると信じてます。

IMG_0147.jpg

サンスクリーンに関しては嫌でも配合しないとダメなものはあります。それが先にあげた亜鉛とかチタンとか。なので、ここでは合成界面活性剤とポリマー(亜鉛やチタンをコーティング)の入っていないものにしてみました。お肌への負担だけでなく、私はクレンジング剤を持っていないので、石鹸で洗い流せるものしか使えないというのもあります。

それを踏まえてのお試し品は、ネオナチュラルのUVホワイトプロとオードヴィーブ・サンスクリーン。両者共、紫外線不使用のノンケミカル。ネオナチュラルの成分表示には、酸化亜鉛はありません。ただ、チタンのコーティングに関しては記載はありません(むき出しではないと思いますが)。オードヴィーブの方は、酸化亜鉛・酸化チタンはシリカとステアリン酸でコーティング済とあります。

ネオナチュラルは伸ばしづらくてモタモタするし、白くなるとレビューにありました。でも、顔にオイル塗る私には無問題。それに水みたいですよ、これ。どうして伸びないとレビューにあるのか不思議。オイルでテカテカになったほうが、この後の粉の馴染みが良くなります。つまりは顔の上でミネラルファンデの最終調合する感じ?ということで、私的には無問題の使用感です。

問題はお値段かな。ネオナチュラルはそんなでもないけど(30ml/3,000円弱)、オードヴィーブは失敗できないお値段(30ml/5,000円超)です。いずれもサンプルサイズがあるので、そっちで試してから買うのが良いです。ちなみに失敗の意味は、肌に合うか合わないかであって、炎天下での日焼け実験じゃないからね。念のため



Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。