J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

セルリアにはほど遠いキャンドル

_MG_3767.jpg

昨日はキャンドル教室でした。いつものようにロマンスカーで新宿に移動する間に車中でランチ。昼時の移動なのと、終了が遅いので腹ごしらえは必須。とはいってもどこかでランチする時間とお金がもったいない。ロマンスカーならランチと飲み物は手作りにすると特急料金400円はおつりが来るくらい。つくづく小田急沿線で良かったぁと思うのです。もちろん帰りもケータイでポチッとやってロマンスカー。いつも飛び乗りするからデパ地下での出費もゼロ。結局私みたいな浪費家にはロマンスカーは貯金箱みたいなものなのです

さてさて、本題のキャンドルですね。5時間の大作がこれ。そもそもセルリアなる花を知らなかったので、こんなになっちゃいました。とりあえず時間がないので納得していなくても最後はラッピングになります。納得していないので完成は自宅でってことになります。ドライヤーで温めれば自由になるから、せっかくなのでもっと造形に凝りたいと思います。だってピンクのなんて、どうみてもイソギンチャクなんだもん

ちなみに奥のピンクは1色。手前はグラデーションが入っています。中心部分が濃く外が薄いとは行かず、ランダムに色が入ってしまいましたが、私はこのほうが好きです。怪我の功名としておきますです

_MG_3758.jpg

このキャンドルは蜜蝋100%で作っています。石油系のワックスと違いねっちりしているので埃が簡単についてしまいます。そこで、ラッピングは最初にセロファンの傘をつくって被せます(シールは先生手作りのアトリエ名入り)。その上からゴース生地で包みますが、縁のカットと生地をまとめた部分につけるラベルの縁のカットが同じ。先生はプロを目指す人を育てるという目的もあるので、細かい部分まで拘ることの必要性も教えてくれます。

来週はゼリーみたいな透明なキャンドルです。楽しみだわぁ

20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!

Category : キャンドル
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。