J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

SPA hinokiさんのシアバター

_MG_0447.jpg

spa hinokiさんからシアバターのモニターに招待されたので申し込んでみました。で、届いたのが↑こちらスパヒノキ シアバター。オーガニックです。75gと使いやすいサイズです。

シアバターが広がったのは、やっぱりロクシタンでしょうか。でも、あれ、お値段が高過ぎますよね。大きなブランドは工場、研究、宣伝、申請費用、実店舗費などなど、もろもろがあの缶に載せられているので、実を取る派としては自分でコスメグレードのオーガニックシアバターを取り寄せ、ソフト&ハードオイルをブレンドしたオリジナルのリッチなバターを作るほうが納得できます。実際、手作り品は優秀だし

その際は、必ずシアバターをベースに使っています。理由は夏でも常温で固形だから。そこにソフトオイルやヘンプシードバターのように夏は液体になる柔らかいバターを混ぜ、最後に精油でまとめています。

_MG_0454.jpg

ベースとしても良し、単独でも良しという、なかなか便利なシアバター。今回モニターしたシアバターですが、今時のマンションのお部屋では、写真のようにスパチェラで削り取る程度の硬さです。シアバターの融点は36度なので、寒い季節、手の温度で自然に溶かすにはソフトオイルの助けを借りないと「一瞬」は無理ですが、手で刷り込むのには問題ありません。

水分が少なかったり硬すぎると、この時ポロポロと欠片が落ちるんですよね(未精製はカチンコチン)。このシアバターは適度な粘りもあり、使いやすいと思います。

こうしたバター類は好みがあるので何とも言えませんが、ベトベト、ギラギラが全く気にならない私としては、ちょっと多めに手に塗ってみました。当然ですが、水分を含むクリーム(乳化剤入ってますよ)のようにスーっと入る感じではありません。つまり、いつまでも表面をコーティングしているイメージ。

さすがに蜜蝋のようには行きませんが、さっと手を洗う程度では流れません。クリームのように何度も塗り直す必要がないと言うことですね。

他社との比較は難しいですが、シアバターはリップバームにもなるし、体中どこにでも使えるので大変便利。こちらのシアバターも、単独使用で十分満足できるバターだと思いました。

写真は75g缶でお値段は1,600円。アマゾンさんで手に入ります。

20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!

Posted by orange-paprika on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。