J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

不満だらけのチュニック完成

_MG_0019.jpg

準備しておいたチュニックのパーツを組み立てました 途中で糸がなくなり、数日放置していましたが、それだけでなく大変なことが起きていたのです

それは、袖をつけようと思ったら、ギャザーを寄せている=身頃より大きいはずの袖が足りない...!あわてて型紙を確認すると、袖前の縫い代がない..て、ここだけSサイズで縫い代つけてました。1センチ短い計算。でも、それだけではない位のズレがあります。

で、今度は前身頃を確認すると、こっちは脇をLサイズでとってました。つまり約1センチ大きい。型紙の移し間違いはしたことなかったのに、ショック。

_MG_0023.jpg

幸い余り布で両袖とれましたが、片方の袖だけ柄の向きが逆に 袖があるだけでも有り難いと思わないと

_MG_0025.jpg

袖ではこれとは別に不思議なことが...ギャザーを寄せる準備をしていたのに寄せなくていいくらいだったの。型紙は間違ってないし、うーんよく分からん。ついでに言えば、袖ぐりも小さく、袖もすごく細いの。私の二の腕だとパフに出来ませんでした。ゴムがキツイの嫌いだし。子供じゃないから提灯になってなくてもいいけど。

_MG_0024.jpg

気を取り直して襟をつけようと思ったら、今度は襟の長さが足りない、バイアスも足りない。これは後ろ身頃のタックの取り方が間違ってました。型紙に「タック」と書かれた長方形の部分だけを折っていたのですが、正しくは「タック」は折山のことだったと判明。これで10cm短くなり、何とか足りましたが、片方の襟の縫い合わせ部分がハッキリ見える位置になってました。アイロン失敗かな。

_MG_0020.jpg

しかし、よくわからんパターンでした。何より私の体型には全く合わないようでした。その一番の理由は袖ぐりが小さいこと。腕を上げると身頃も一緒に思い切りカバーっと上がります。そのわりに身頃幅はゆったりなの。袖ぐりだけでも補正したら着やすくなるかなと思いました。補正の勉強をしたら、リベンジしてみようかしら。

着づらい服が出来ると、いかにMay Meのパターンが楽かが分かります。ダーツが入って結構フィットするバタフライブラウスでさえ、着ると楽なの。あの本からはもっと作らないとと思いました。

今回は一番簡単な型紙の写しで大変な間違いをしました。でも、言い訳すると、やたらめったら見づらい型紙だったの。ゴチャゴチャしていても探しやすい型紙ってあるから、やっぱり相性が悪いみたいです。

それにしても、ここまで間違ってもちゃんと完成したからラッキーだと思わないとね。ああ、よかった、よかった。

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。