J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

リバティEloiseキルトのクレープスカート

_MG_0353a.jpg

ホビーラ・ホビーレさんで買った、リバティEloiseの裏がナイロンのキルティングで作ったクレープスカートです。この色のEloiseは人気らしく、タナローンは即売れ切れてましたね。お教室のお仲間もお取り寄せ中と言ってました。私も伊勢丹店でワンピース用の前立てに追加買いしました。ネットではSold Outでも、お店にはあるんですね。

_MG_0341a.jpg

さて、作るのが簡単なクレープスカートですが、キルティングなのでちょっと大変でした。楽するコツは、組み立てる前に予め全ての縫い代を粗ミシンで押さえておくことです。でも、直線ミシンだけでは今ひとつなんですよねぇ。てことで、家庭用ならジグザク、あればロックミシンをかけておくとメチャクチャ扱いやすくなります。

_MG_0358.jpg

作り方は後ろスカートに前の左右スカートを接いで、折り伏せ縫いで縫い代始末をしたら、残りの縫い代をメートラインテープでパイピングしておしまい。

折り伏せ縫いの部分は、しつけをしました。理由は表からミシンをかけるから。しつけをしても浮いて来るから、表から潰しつつ、指の感触で縫い代がズレてると思ったら目打ちでうらからツンツンしてとやりました。

布がギリだったので柄合わせというかキルティングのダイヤ型は合っていませんが、頑張れる方はここも合わせた方が良いですね。

_MG_0331.jpg

作り方で変更した箇所はメートラインでのパイピング。本では表身頃に縫い付けてから、縫い代をくるんでもう一度縫っていました。そうすると表にミシン線が2本になりますよね。布端と身頃側の2本ならわかりますが、身頃側に2本。多分重ねて縫うのだと思いますけど...。

何故裏ではなく表なのか、その理由が気になります。まあ、それは失敗した時に考えるとして、表からの見た目で裏スタートに。念のため、予め包んだ状態にして入念にピン打ちしておきました。まあ、写真の状態では縫えないから間引きましたけど

つくづく思うのですが、リバティってやっぱりそれだけのことはあるなと。タナローンの質感だけでなく、ただの小花でもなんとなーくいい感じなんですよねぇ。花柄なんて年齢考えた方がっていいかもよって思っていましたが、さにあらず。若い人はこの小花が地味に見えるらしいのです。確かに小花だし、ピチピチギャルより子供か年配向きかなぁなんて思えて来た私です。

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。