J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

妙に可愛いゆったりプルオーバー

_MG_1580.jpg

lilla blommaさんのゆったりプルオーバーを作りました。襟は小さめを選び、開きのないタイプにしました。胸元にゴムが入ってクシュクシュ。今、これにはまってるの

こうした身幅の広いパターンは、「作りたい布」ではなく、「充分な幅がある布」から選ぶのが習慣になってます。これはちょっと耳が縫い代に入り込むギリギリ幅でした。秋冬用に、お袖を8分丈にアレンジできる追加パーツも買ってあるけれど、それには140cmほど布幅がないとキツイから、いつか作れる布に出会ったらになるのかな(中央で接ぐという選択肢はない)

_MG_1589.jpg

今回の布は110cm幅でHARUさんの黒x白ギンガムです。白い柄がやたら目立ってますよね。水通ししたまま放置してあったので、試作ってことで使ってしまうことにしました。小雪さんとお散歩なら、こんな感じ?(なぜか、空中でパニオン立ちの小雪さんウッフ〜〜ン

_MG_1585.jpg

ギャザーが多いだけでなく身幅も広いので、ハリのない薄手の布がボリュームを抑えられて良いと思います。これはこれでいいかな。

布だけ見たら「放置組」だったけど、こうしてカワイイ形に作ると「なかなかイケる」に格上げ出来たかも。珍しく、何の問題もなく、作れたのでビックリ〜〜〜って思ってたら、落とし穴は最後の最後にありました 無事終わらないのが当たり前になって来ているのが恐ろしいわ。

P7282759.jpg

この型紙、脇から「直角」に短い袖に当たる部分があります。で、なーんにも考えず直角に縫って斜めにならしながらロックして、最後にカフスをつけてコパして完成!!と喜んでいたら、袖下が↑こんなんグシュグシュになってたーーーーーー!!! 原因は「直角」のせいです。皆さんは、ここをどう攻略しているのかしら???

P7282758.jpg

私のスキルでの攻略は無理。仕方なく袖下部分だけ全部解いて、身頃から袖口までカーブになるように縫い直しました。ただ、すでに直角にカットしてあるので緩やかなラインはとれず、無理矢理やってこの程度。アイロンすれば平らになるけど、バイアスだからウネウネは取れません。次は型紙のラインを引き直して作ろうと思います。

母なら型紙を見て、「あんたには無理!」と言い放ったと思います(そういう人なの...だから今まで洋裁に手を付けなかったわけですけど...)。作ってからでないと分からないのは知識・経験不足のせい。これも勉強ってことですね。

その他は、襟もちゃんとついたし、ギャザーもいい感じに入ったし、何より形がカワイイなって。カフスは仕様通り芯なし、表襟は仕様にない芯を貼ったけど、襟もクタクタのほうが良かったのかな。これも布次第だしやってみないと私には分かりません...

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。