J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

食べて旨けりゃリメイク成功ってことで

IMG_2652.jpg

暖かくなって里芋も放っておくと根が出てきて...冬は毎日でも食べていたかったのに、今はそんなに食べたくないから持て余し気味。そこで、ネバネバ芋でも簡単に始末できる里芋ポテサラを作りました。里芋は蒸すからキネカツギ的にツルツル皮から出せて手間いらず。あとはフォークで粗く潰して、茹でたブロッコリーの花?の軸のシャキシャキしている部分と、里芋と一緒に蒸した黄色い人参と混ぜるだけ。味付け塩分はたまり醤油と白胡麻塩にして、全体を豆乳マヨでまとめました。バカみたいにボンヤリした味だけど、ブロッコリーがシャキシャキして甘く、人参もオレンジ色のものより断然甘いので美味しくいただけました。

IMG_2654.jpg

翌日は、冷凍庫にストックしてあったホカッチャでサンドイッチにと思ったけど、味を想像したらどうも物足りない。そのままサラダとして食べるには優しくていいけど、サンドイッチには頑張りきれないって感じかなぁ。

そこで、パン粉をまぶして揚げ焼きしてみることに。しかし、タネがクタクタだからコロッケに成型できず。とにかく無理やり焼いてはさんでみたけれど....崩れてきてるし... 真面目に取り組むなら、まずは成型してパン粉して冷凍。固まったらたっぷりの油で揚げるという行程が正解。そんなこと絶対しないけど

なんとか出来たけど、このままではボンヤリのまま。そこで、ウスターソースをかけて塩分と香りを追加し、新玉ねぎのスライスでパンチをきかせました。ポテコロがクタクタだから、食感的には新玉程度のシャキ感と柔らかさが違和感なくいただけると思います。キャベツだと口に当たるし青臭さが気になる。レタスだと水っぽくてタネのクタクタと同類になっちゃう。てことで、やっぱり個性の強い新玉がベストじゃないかな。とりあえず、サラダがコロッケへと変身したから、見た目は失敗でもリメイク成功ってことで

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。