J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

洗ってよれよれスロウアイコート

_MG_2237.jpg

ずーっとあたためておいた?polka dropsさんのスロウアイコートを作りました。サイズはM。ふくよかな時に買ったLパターンも持ってるけど、今はMの無補正で袖丈その他ピッタリでした!素晴らしい しかし、ちょっと待て。未着用なのに、すでに着倒し感があってヨレヨレよね。

理由は、水通しと称して洗濯機を軽く回し脱水したからなの 水に数時間しっかりとつけ込んだしね。ウールをクリーニングに出す人は、こんな無茶しちゃダメよ。私のように全て自宅洗いの人はウールも仕立てる前に洗っとかないと不都合があるから仕方なくやったまでです。

_MG_2238.jpg

悲惨な目にあった布は、HARUさんの国産タンブラーソフトウール。分厚くないから裏なしだと暖かくないです。縫い代始末は、背縫いの折伏せ縫い以外は、仕様通りにロック処理。袖口と裾はウールってことで手まつりしました。

_MG_2241.jpg

お袖は2枚。縫い代を押さえるために縫い目があるけど、ここは見えないから折り伏せではないです

この写真が分かりやすいかな。布にツヤがなく毛羽立ってますよね。水洗いで縮んだから、繊維間の空気もなくなりフワフワ度も激減してます。だから、すでに着倒した感「アリ」になるのですわ。

_MG_2249.jpg

テンション下がり気味を上げてくれるのが腐ってもリバティ。手づくりの愉しみでもあるけど、実はここがセンスの見せ所。たまたま、好みの在庫が好み通りにしっくり来たけど、いつも悩む部分です。脳が疲れて、諦めることの方が多いですね。自滅しないセンスがほしいワタクシ

_MG_2244.jpg

さて、このパターン、衿ありとなしを選べますの。で、私が襟なしにした理由が、こんな風に首に何か巻いたり、フードのインナー着たりするため。この程度の小さなスヌードでも全く影響が出ないノーカラーが好きです。

布はへたってるけど、パターンの形はとてもキレイだと思います。今度は合着用にチノクロスで作ってみようかと。その時は、バイアスで縫い代の始末をしたいですね。そう、ぐーたらな私にはテープフレンドなるつよ〜〜い味方がいるんだもんね〜〜

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。