J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

地味にクルクルな年末

IMG_0512.jpg

何も作る気がおきないどん底は続いております。アニメ(ハイキュー!、文豪ストレイドッグス、ユーリ!!on Ice)も終わり、楽しみの少ない日々 毎日10段編み物をして、時々クルクル、借りてきた本をチラチラしてます。出会い頭に借りた谷崎は、意外にも読みやすく変化していたことに驚いてます。高校生の時は「げーっ」て毛嫌いしてたのにね。年取ったってことでしょうね。

時々クルクルの方は、途中経過というか金具などのパーツがなくて完成できないものをいくつか...(ちっとはやってるよ!のアピール)。どれもシーラー処理して完成を待つばかりなんだけど、パーツがなくて。唯一完成したのが写真のペンダント。カン類はゴールドでなかったりと、ありものでテキトーにジョイントしてます

クルクルの形状記憶のためのシーラーには、DAISOの素爪トップコートを塗ってみました。これ、かなりサラサラしていて紙にす~って入っていきます。もったりしないので強度はどうかなって感じだけど、結構パリパリになりました。塗りやすくていい感じです。

IMG_0520.jpg

とりあえず、色がちょいと暗めのピアスも作ってます。昔大切にしていたスワロビーズも今やゴミ同然の在庫ってことで、使えるところにはひっけちゃえって感じで合わせてみました。

クイリング部分の枠は、紙の長さでテキトーに丸め、中にクルクルしたものを詰め込んでます。これは、海外のtutrialでみつけた技法。分量も気分次第でぎゅうぎゅうにしたり、スカスカだったりで楽しめます。最近は、もっぱら海外のサイトで勉強してます。ペンダント的な丸みのあるのもいいけど、ピアスのぐしゃぐしゃな感じも模様としては好きです。どっちも丸め方とクルクル回数で調整できます。

IMG_0524_2016122811042424c.jpg

こちらは基本中の基本ティアドロップとタイトコイルだけで作ったピアス。金具をつければ完成です。几帳面に線を引いたボードに置いて角度や長さを決めて貼り合わせてないから微妙に曲がってますね 昔の自分なら「失敗」だけど、今は「つけてしまえば人には分からない」ということで、完成としてます。図々しくなりました。

紙の良さはただただ軽いことにつきます。残念なのは私の価値観では壊れるとわかっているものは売れないし、プレゼントにもならないってことでしょうか(ビーズ、アーティスティックワイヤーは脆いからNG対象の人です)。

IMG_0518_2016122811042025d.jpg

これはタイトコイルだけで作ったブローチ。シーラーはキャンドゥのキラキラトップコートを使いました。点々としているのはゴミではなくグリッターよ ただ、テキトーに丸めてテキトーにくっつける。何でもありのものでございます。簡単だから子供にもできますよ。親子で楽しむのに良い感じかなぁ。中央にカンが入るスペースを作れば、カラフルにつなげてブレスレット、ピアスやお正月用の簪にもなりますね。

IMG_0528.jpg

こちらのチャームの花びらは櫛で作りました。ネットで見ての初挑戦てことで安定して同じように折れず、それぞれ歪んでますねぇ。スカスカだから土台をつけるのは難しいけど、何とか簪にしたいと思ってます。

てことで、何も完成しないまま、なんとなーく年末襲来&撃沈の私です

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。