J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

汗疹に効果覿面だったビワ酒スプレー

IMG_1869.jpg

喉と気管支のために苦労して仕込んだビワの葉酒 今年の冬は必要なかったのでちっとも減らず...このままでは苦労が水の泡に!ということで、別の用途で人体実験を行いました。それが、ここ数年悩まされている真夏の汗疹対策。

自宅生活になってから、毎年胸と背中にできるボツボツ。痒いし、見た目が悪いしで困っていました。去年はアロマスプレーを作ったけれど、コストも手間もかかるわりに劇的な効果は得られば...そこで、今年は持て余していたビワの葉酒を試すことにしのした。これに関しては特に技とかはなく、原液をそのまま100均のコロンスプレー容器に注ぎ入れ、胸と背中に思い切りシュッシュッするだけ。

使うタイミングは、お風呂やシャワー後だけでなく、痒いなって思った時いつでも。すると、なぜか掻き壊しなどのキズはないのに、ところどころ痒いところにエキスがしみピリピリするのです。これが実に心地よく、痒みがおさまります 今年は涼しい日が多かったから効果の程は正確には分かりません。でも、汗疹で嫌な思いをすることはありませんでした。

使用感は、ビワの葉酒は焼酎の中に枇杷葉エキスが入っているということでアロマスプレーみたいにサラサラしません。スプレー後、「何かついてるぞ」感があるの。肌の表面がコーティングされたというか、キュッキュッとなるのです 香りは、焼酎と生薬系だから、苦手な人はいるかも。

持て余し気味だったビワの葉酒消化プログラムではじめたことだけど、期待以上の効果がありました。季節物だからもうすぐ必要なくなるけど、これがあるというだけで安心できます。来年も汗の季節になったら、惜しまずシュッシュッしたいと思います。まずは、人体実験大成功!!!

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。