舞扇ケース試作

kako-nhhRgY3VEPxQphUD.jpg

日舞をしている母のリクエストでお友達へのプレゼント用の舞扇ケースを頼まれました。それってどんなもの??? とりあえずは母の買った縮緬のケースを見本で持って来て、それと同じサイズで試作しました。

買ったものは裏布はあるものの、表布と一緒に縫ってあるので内側に縫い代が露出しています。しかもロック処理もしてありません。これは贈り物にはいただけないということで、ここはバッグのように返し口からひっくり返す縫い方を採用しました。

つまりは、本体前(フラップ無し)表裏布を入れ口のみ縫い合わせ、表に返したものをフラップ付き本体の表と裏を中表ではさみ、ぐるりとミシンがけするやり方です。

kako-reIIxUxywnP87tIT.jpg

試作品はIKEAのインテリアファブリックなので、かなりしっかりしています。芯を貼らないと言うことで素人判断で裏も同じ生地で作りました。が、それが厚みを誘い、返した時に蓋の内側の布が浮いてしまいました。バッグの裏は表より薄いものを使うのって、意味があるのですね。失敗して納得するタイプ

試作と言えども廃棄処分は可哀想。でも、手をかけるのも面倒。てことで、簡単に有りものとホックで処理しちゃいました。本番は和風にして、まともなものが作れるよう作戦を練らないと

20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment