J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

初めてのソックス−かかと編

_MG_1050_20130312163901.jpg

ここ数年、年齢を重ねるごとに大した花粉対策もしないでヘラヘラ過ごしていましたが、今年はどうしたというの!まるで二十歳の頃みたいに大変なことになっています。今年花粉デビューした方も多いのでは?うふふ、いらっしゃ〜〜い、仲間だ〜〜〜 不幸はみんなでシェアすると楽になる...はずないか

さて、本題。つま先から18cm編みました。幅はゆったりですが、長さがどうかな。

ほとんどの本ではつま先4-5cm、かかと4-5cm長が普通(基本?)みたいに書いてあります。自然にそのサイズになっちゃうってことですよね。が、私の場合、つま先は4cmギリ。この調子だとかかとも4cm満たない感じかなと。つまりは、かかとのカップが浅いということになりますよね。次は作り目を減らして、段数稼いたほうがいいのかな。根拠無しでよく分かりません

_MG_1051.jpg

かかとの編み方...悩みました。wrap&turnだと穴が開く場合があるようで心配だし、OPALだとマチが入るタイプは単なる好みで嫌かなってことです。

で、「ハンドニットのソックス 39頁」にある、かけ目の代わりに段数マーカーをかけ、その目を引き上げて編む「編み残し引き返し編み」をやってみました。実に分かりづらい説明と混乱させる写真により、半日編んではほどいての繰り返し。本の写真だとマーカーはすべて裏目側にあるんだけど、私は全部表。どうして??わかりません。

てことで、続けても時間の無駄なので、海外で一般的なwrap&turnにしました。すごーく簡単だし、モヤモヤ脳細胞にもクリアだから。

_MG_1052.jpg

なんか、口みたいですね 一応、かかと部分が編み上がった状態です。目数は、32目から、作り目と同じ16目まで減らしました。

問題の「穴」ですが...しっかり開きましたよ 特に針の分かれ目というか半分に折れる部分の目がびろーんて広がっちゃってたの。何度も編み直した部分で糸が伸びきってました。気をつければ多少は塞がるのかも知れませんが、リスクの高い編み方であることは間違いないなと思いました。今回は裏から塞いでおくことに。

_MG_1053.jpg

もう一つ心配していたかかとの深さですが、やっぱり3.5cm強と浅めに。確認のために履くと、つま先からかかとまでの長さはジャストでした。幅はゆるゆる。甲の低い薄っぺらの足ですからねぇ。ここから足首になるわけですが、かかとがひくーい。足首まで遠い、遠い。こんなんで大丈夫なの?もちろん、初めてなのでわかりません。とりあえず編んでみます。次は完成のお知らせが出来ると良いですが...わかりません

20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!

Category : 編物
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/1680-b2b6c9a5
該当の記事は見つかりませんでした。