J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

くつ下2号完成!1号と比べてみた

_MG_1192.jpg

マルティナさんのキットで編んでいるくつ下が完成しました。左右のくつ下の柄ですが、レーゲンヴァルトIIIはフンデルヴァッサーのように色や模様が飛び出す染めではなく、数色が非常に短いピッチで出て来ます。そのため、どこがパターンの切り替えポイントかちーっとも分かりません。だから、柄を揃える気になれず左右別々の柄になってしまいました 

試し履きしたら、あらま、ビッタリ。正確にはいい感じに目が開いてしっくりフィットしています。初めて編んだものは余裕があって、多分くつ下としては大きいのかな。

その後、確認のため両方とも一日履いて過ごしました(室内のみ)、どっちも履き心地に大差ないことが判明。ビックリしたのは、毛糸のくつ下はズルズルと落ちて来るだろうと馬鹿にしていたことが大きな間違いだとわかったこと。下手すると普通のくつ下よりピッタリくっついてズレませんよ、奥さん。足首がゴム編みじゃないマルティナさんのくつ下もズレないの。これは何足も編む人の気持ちがわかります。

_MG_1196.jpg

形やサイズを前作と比べてみました。余裕のある右は目が全く開いてませんが、左は開いてますねぇ。針の境目は余計に広がってるのがわかります やっぱりもう少し目数増やした方がいいのかな。

形としては、つま先が16目作り目してカップに編む右はつま先がぽってりした感じです。つま先を最後に絞る左はすっきりしています。

編んでいてつまらない、気に入らない色と柄でしたが、実際履いてみるとこれが中々良いのです。さすがにソックス糸ですね。履けば「私はくつ下でーす。可愛いでしょ。」ってなるように出来ています。

ところで今回は片方は竹針、もう片方は先日の戦利品のアルミで編みました。私の手にはアルミの方がはるかに楽に編めました。硬くて安心感があるせいかな。それと目のすべりが丁度良い感じでした。竹はひっかかって苦労したし、しなるので逆に手に負担がかかってました。

次はどの編み方で編もうかなぁ。冬までにもう一足は編みたい気分です あくまでも、気分...です。

20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!

Category : 編物
Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ゆっきー says...""
片方ずつ履くと違いがよくわかるわー!
つま先の形、右のボッテリの方が好きかも♪
履き心地はスッキリとボッテリで違いますか?

手編みの靴下は微妙なサイズ感で悩みますよね。
失敗したくないと思うと、なかなか思い切ったことも出来ないし。
まあまあのフィット感で満足だけど、
もしかすると、もっとピッタシに出来たら、素晴らしく履き心地が良くなるのかも?とも思うし…。

私ももう少し靴下を編みたい!
だけど、なぜかレッグウォーマーの編みかけがあって、それを仕上げないと、編みかけだらけになっちゃうので。。。

2013.04.03 22:04 | URL | #- [edit]
orange-paprika says..."Re: タイトルなし"
★ゆっきーさん、
ピッタリ、余裕あり、どっちもいい感じでした。
思ったよりというか、普通のくつ下より
フィット感が強い感じです。ズレたり落ちたり
なんてことは全くありませんし、良い意味で
期待を裏切られた感じですよん。
すぐに洗濯機にポイしてガラガラしましたが
無問題でした。が、思ったより暖かくはなかったかな。
フツーというか、ちょっと暖かい程度かなと
思いました。真冬に履くとまた違うのかもですね。
2013.04.04 10:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/1711-428c7241
該当の記事は見つかりませんでした。