J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

ミシンパワーでペコちゃんBag完成!

_MG_1239.jpg

いきなり蛇目に玉砕された私ですが、何だかミシンをかけたくなり、夜なのに作りかけで諦めていた例のペコちゃんのミニトートを引っ張りだしてきて、適当に作り始めました。

今回は仕様通りではなく、返し口からかえす一般的な作り方で組み立てました。持ち手は予め表布に縫い付けました。

幾重にも重なった布相手ということで、手間がかかるし時間もかかるなと覚悟してスタートしましたが、予想に反してあまりにもサラリと短時間で完成です。何しろあんなに苦労した押さえの下に入れる作業は余裕でクリア。どこが厚いの??って感じです。おまけに家庭用ではミシンが壊れそうだった超厚手の部分も何事もなかったかのようにスイスイ縫ってしまうからビックリというか、気が抜けてしまいました。

入れ口に表からステッチしていた時、一番厚くなる脇は表・裏各4枚、芯2枚になっていますが、ここを乗り越える時にミシンさんが「ん?」と一瞬考えたような。が、次の瞬間ザクザクザクと踏みつぶして行ったの! こっちはハラハラドキドキだったので、これには思わず笑ってしまいました。

両足フットコントローラーは踵を床につけて、つま先で踏むようにすると一目一目スローで縫うこともできるし、グーンと踏み込むと工業用でジーンズを縫っている人みたいにガーーーーーーッと凄いスピードで縫えます。もちろんピタっと止まるし、ニーリフトと自動糸切りで楽々ソーイングです。心配していた操作でしたが、10年も使っているかのように身体が自然と動きました。楽するためなら脳も頑張るか!

バッグ自体は、やはり仕様と違う組み立て方をしたせいか、全体がボテボテして重いという何とも残念なものになりました。無理矢理縫い代を表に出してアイビーテープでカバーするには訳があり、内布にテープを縫い付けた時のミシン目が出たとしても、それなりの意味はあるように想像します。

内側には片面横幅の大きなポケット、もう片方はマチ入りケータイ用ポケット(スマホは入らない)とマチ無しポケットがあります。表は片側にマグネット式の大きなポケットがついています。芯もつけたし苦労したから捨てたくなかったので、気に入らなくても完成できて良かったです

ああ、やっぱり職業用ミシンを買って良かった。もう厚物なんて怖くない!少しずつ押さえ金も活用して、楽しいソーイングライフにしたいと思います 

20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/1718-c1a5497b
該当の記事は見つかりませんでした。