J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

ボロボロだった母のバックをリメイク

_MG_1254.jpg

断捨離ですっかり忘れて押し入れに遺棄していたリメイク依頼されたバッグ。母に聞かれて慌てて捜索し、すぐに作業に取りかかりました。

生地はモリスの金色っぽいのにしました。全体を同系色にしてほうがシニアにはいいかなって。もちろん持ち手などを含め追加買いはせず、自宅にあるものでリメイクしました

_MG_1255_20130415153415.jpg

まず、フラップには表、裏ともバッグ用厚手芯を貼り、カルトナージュ式に折り代を接着剤で内側に貼りつけ、さらに接着剤で2枚を貼り合わせました。これで厚紙みたいにカチンコチンになりました。念のため、周りをステッチミシン。ああ、本当にミシンがけが楽だぁ。泣けてきます。もちろん嬉しくて。

_MG_1256_20130415153415.jpg

続いてカシメ作業。バッグと持ち手に穴を開け、カシメ打でぐーっとやっておしまい。カシメ打ちって、ハンドルをぐーって押した時に力がスッと抜ける感じが快感なのよねぇ。ちょっと押せばいいのに、ついグイっとやってしまう私。(一番上のカシメは管をつなぐものなので、バッグには二カ所で固定してあります)

マグネットもバッグについていたものをそのまま使いました。メッキが剥げているけど、新しく買うと高いからそのまま使いました。

_MG_1257a.jpg

内袋は汚れが取りやすいように合皮を使いました。バッグを開いた時見えるマチのみ芯を貼ったモリスを使いました。この内布があることで、旅行トランクみたいにバッグが完全に開くことがないようになってるんですね。良く出来ているわぁ。内布はオリジナルがそうであったように、テグスでざっくり縫い付けてつけます。ただ、このテグスでの作業が一番大変なの。こんなに小さいのに2時間とかかかるのよぉ〜〜。一度失敗したから、再挑戦は実家でやろうと思います。

革が乾燥してボロボロ、内袋の合皮はカビていたりと散々なバッグでしたが、なんとか持てるようにリメイクできそうです。喜んでくれるかなぁ

20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!

Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

masako says...""
お母様、喜ばれますよぉ( ´艸`)
このバック、オシャレですね!
娘さんが器用で、幸せですよね☆彡
あ、藤棚、とっても立派!
でも、クマンバチ?怖い、怖いっ(>o<)
そ、花も綺麗けど、もー、虫の季節なんですよね…
虫コナーズな薬も買っておかないと(ノД`)

柚兄さんのタチション(笑)
我が家もarranはトイレのフチに前脚を置いてタチションします(笑)
が、ヨツンバのタチションでしょ?ヾ(≧∇≦)
2013.04.28 22:39 | URL | #- [edit]
orange-paprika says..."Re: タイトルなし"
★masakoさん
ありがとうございますぅ。今日、実家に行ってきました。
母も駄目だと思っていたものが使えるからと喜んでくれました。
伊万里はPの時に前足、酷い時は後ろ足1本かけて片足だけで
踏ん張ってましたよ。すごーい可愛いから、おもわず
用足ししている顔をぐーっと引っ張ってました。酷い母(汗)。
柚のトイレには本当に迷惑かけられっぱなしですよ。
玉がなくても男でいたいのね。年とってからの変化って、ボケたのか
心配になりますわ..。
2013.04.28 22:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/1755-1fecfa41
該当の記事は見つかりませんでした。