J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

テンション上がるJenny's RibbonsのOSUWARI Bag

_MG_9720.jpg

OSUWARI BAG完成です。苦労しましたぁ。帆布に芯を貼ったら、縫い合わせた部分がすごーい硬くブ厚くなってしまい、どうにもこうにも。帆布だからアイロンが利かず、底の部分は縫い代の山で凸凹に。それでも見た目が可愛いから我慢、我慢。派手かと思ったけど、このドっピンクのJenny's Ribbonsはテンション上がりますねぇ

_MG_97171.jpg

外側は前後の2カ所にポケットがついてします。片方にはラベルを貼りました。同じのように内布にも2カ所にポケットをつけましたが、ポケットの位置は前後ではなく左右の脇にあたる箇所。バッグを置いた時、コロンとした形状が保てるようにと考えたのですが、脇だからつぶされてポケットのが内側に飛び出して、ちょっと意味不明な袋になっちゃいました

持ち手は布の重なりを避けるために後からPeachmadeさんのカシメ用レザーハンドをつけました。長さはショルダーとしてはギリギリですが、手に持った時に長過ぎないがイイ感じ

_MG_9718.jpg

入れ口には巾着をつけましたが、私、これ嫌いかも 理由は、簡単に何の物が取り出せないから。口を広げても、やっぱり巾着が邪魔で中がスキーーーーっと見えません。ちょっとしたことなのですが、私は苦手かなぁ。

まあ、口がパッカリ開いてしまうバッグなので、安全面から考えるとファスナーやマグホックはほしいところです。ただ、ファスナーやホックでバッグをつぶしてしまうのはデザイン状問題があるかなぁって。てことで、見た目の可愛さからも巾着がベストなのでしょうね。

_MG_9724.jpg

作っていて、家庭用のミシンでは絶対に作れなかったなぁと思いました。というのも、帆布部分ではなく、巾着の縫い代の始末をしていて、ミシンが動かなかったのです。仕様ではジグザグミシンで処理していましたが、巾着の紐が通る部分はそれだと危険。それで全て三つ折り処理したのですが、薄い生地ながら一番重なる部分は9枚。家庭用では玉砕されてしまいました。

この形は結構可愛いのですが、どうしても本体・裏に接ぎ部分が4カ所あり、口の部分での布の重なりに辛いものがあります。デザイン状、帆布は避けて、キルトなどでソフトに仕上げるのが良いかなと思いました。

20091220_山手0073.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/1813-46fab923
該当の記事は見つかりませんでした。