ショールカラーのニットチュニック

_MG_0158.jpg

Rick Rackさんのパターン「ショールカラーのチュニック」を作りました。

袖は手首のところでクシュクシュとさせて着るように、長めにできています。好みでフレンチに近い半袖や丈を短くしたブラウスも作れます。

襟のついているボタンは飾りです。仕様では頭が入ったらボタンホール不要とありましたが、せっかくだから作ろうかなと準備をしていました。ところが、試し縫いの段階で撃沈。ニット生地だと家庭用のミシンについているボタンホール押さえでは難しいようでした。布を正しく送れないから、途中で同じ所ばかり縫ってお団子状態になっちゃいました。下に紙を入れたらどうなのか考えましたが、どっちみちキレイに出来そうもなかったので無駄な抵抗はやめておきました

_MG_0164.jpg

それ以外は初心者向けのパターンということで、見た目より簡単に出来ました。襟付けも大変ではありませんでした。

疑問は一カ所。襟には15mmのステッチミシンがかかっています。そして襟が交差する幅は8mm。当然ですが何となくズレてしまったように見えます。多分、レースをはさむ仕様なので、レースで帳尻が合うんでしょうね。しかし、ない場合は狭くするのか?よくわかりません。

ボーダー部分は薄手の天竺ですが、長袖なのと襟があることで、ちょいと涼しくなっても着られるかなと思います。簡単なのに見栄えのするパターンだから、色違いでもう一枚作ろうと思いま〜す
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment