J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

天敵!接着芯バトル

_MG_0250.jpg

接着芯は難しいです。以前作ったチュニックは、仕上げにうっかり高温アイロンをかけて、見返しがクシュクシュに コットンでも中温程度でかけないとなぁと注意していたのですが、今度はちゃんと接着できなかったのか何なのか、教室の課題のブラウスの前立て部分の芯が縮んでシワシワに

襟は粗裁ちして準備したまでは大丈夫でしたが、裁断して表・裏襟を中表に縫い合わせ、表に返した時にシワシワとなってしまいました この接着芯はOKADAYAさんでカットしてもらい買ったもの。わざわざ綿混を選んだのに...。一体何があったのか。

_MG_0251.jpg

こんなことが続くと恐くてお気に入りの布には使えないですよね。で、リバティとかに良いと言われているプレシオンを買ってみました。リバティではなくシーチングにつかうので、綿混のHCT-200(しなやか)と中〜厚地用にHCT-400(なじみ)を選びました。 平織りで、変にクタクタしていないので扱いやすいです。

さて、実施です。まずはドライアイロンの「中」で10秒おしつけてみました。あれれ、芯だけ浮いて来た。熱いうちにはがして再トライ。うーん、どうも上手くいかない...ならばとスチームアイロンの温度を「絹」にして(とはいっても蒸気は出てこなかった)かけなおし。うん、まあまあか。ならばと最初からスチームアイロンの「絹」で押した所、こんなもんかって感じになりました。いやいや、難しすぎるぞ接着芯。縫っている途中にまた凸凹したら泣くに泣けないわぁ。

そんなことを昨日のソーイング講座で話していたら、他の洋裁教室にも通っていて知識豊富な生徒さんに「一度押したら冷えるまで待ってる?」と聞かれました。???いや、10秒押して、すぐに横にずらしてまた10秒って感じで一気にやってますが...駄目なの?....「駄目」だそうです てことは、接着芯のせいではなく、私のやり方が悪かったのーーーーーーー!!!!!

なんでも接着芯を貼るのはすごーく時間がかかるもので、ちょっとアイロンで押しては待つの繰り返しだそうです。だからバキュームが必要になるのねぇ。ちなみに、クラスの生徒さん8名のうち、2名がバキュームを持ってます。贅沢品だと思っていたけど、必要なものなのね。

しかし、接着芯とはなんとデリケートなものか

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ゆっきー says...""
接着芯を扱うのにはテクニックがいるのですね。
なるほど・・・(私、苦手です!)
すぐにはがれてくる接着芯に、
イライラした経験あり、です。

バキュームってどうやって使うのですか?
2013.09.11 11:03 | URL | #- [edit]
orange-paprika says..."Re: タイトルなし"
★ゆっきーさん
洋服作りには避けて通れない接着芯だから
本当に苦手になると困ってしまいます。
一度つけてもお洗濯のたびに注意が必要だし
難しいわぁ。
バキュームは、アイロン台になっていて
下に猛烈な音をたてて回るファンがついているの。
アイロンしながら急速に冷やすことができるから
シワも伸びるし、特に接着芯にはなくてはならない
武器なんですよ。バッグとか専用につくる人は
必須ですよね。洋服も部分的といえどもこれに
失敗したら洋服全体が無意味なものなっちゃう。
でも買わないよ(笑)
2013.09.11 11:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/1956-50fa1015
該当の記事は見つかりませんでした。