J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

台衿付きストライプのチュニック完成!

_MG_0303a.jpg

ストライプのダンガリーで作っていたチュニックが完成しました。ホームソーイング講座の自由作品の日に仕上げました。完成はしましたが、色落ち激しく、最初の作業がお洗濯というのも悲しいものです

このチュニックで勉強したことは前立てかなぁ。いつものように適当にしていると、1ミリのズレを修復できずに焦りました。二度ほどやり直しましたが柄合わせまで気を配っていなかったので、ひっぱったり、ずらしたりで危ないことになっています 幸いストライプと霜降りみたいな布のおかげで調整できなかった所も目立ちませんが、あれこれやり直しをしたせいか、そもそも気配りが足りなかったのか、前立て下の布が伸びて浮いてしまいました 

_MG_0307.jpg

衿はスタンドカラーにショールカラーがついた形で、台衿を身頃につけて表からステッチミシンをかける時に失敗しました。そのままテレテレかけていたらどんどんと衿がよれて余ってしまい、結局やり直し。仕切り直して衿と身頃を左右に引っ張りながら進行方向に布がたるむのを避けました。このやり方って裾上げの時も使えました(表を見てミシンかける派)。

ボタン位置が衿から下がっているので、首にもホックをつけてしめるべきか悩みましたが、この開いた感じがデザインの良さだと思い、このままにしました。

_MG_0304a.jpg

背中の5本のタックもショートヘアーだからちゃんと見せることができますね。とはいっても、この柄だと目立たなかったりして...

_MG_0305a_2013092612244536f.jpg

その他、苦労したのが袖付けかなぁ。カフスを仕上げてからつけたので、チュニック1着振り回しながらのミシンがけとなりました。身頃がクルクルになるし、重いし、た〜〜いへん。ただ、いつもの袖から裾までの一気ミシンだと、たまに袖と脇がちょっとズレることがありますが、この付け方だと完璧に合うから仕上がりがキレイですね。今度はこの付け方にしようかなぁ..身頃が重いけど。

カフスの持ち出しというのでしょうか、ここが長く、スリット根元のつき合わせ部分からボタン位置が離れています。そのせいでズレやすくなってます。ここは自分サイズに短くしたほうが良さそうです。

ということで完成です。着心地が良かったら、次は半袖バージョンを作ろうと思います。パフスリーブで可愛いの

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/1980-d97d9ef9
該当の記事は見つかりませんでした。