J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

ジャガードニットのドルマンチュニック

_MG_0381a.jpg

先日、お天気の良い日に真っ白い雲と灰色の雲が混ざり合って流れていました。雨雲色だから降るかと思いましたが、白が勝ってお天気のまま。でも、白と灰色が交互に混ざった青空って見たことなかったので、科学的にこれはどういう状態なんだ...知識があれば当たり前のことだけと、な〜〜んにも知らないから不思議が一杯で楽しい人生

さて、先日作った黒猫柄のプルオーバーと同じパターンでチュニック丈を作りました。

布は猫の隠れ家さんのセールで買ったもこもこスラブのジャガードニット。買った時はスヌードにするつもりでしたが、テレテレ具合がドルマン向きだったので作ってみました。直線のハギレが出たので、それでマフラーも作りました

_MG_0379a.jpg


こうしたいかにも編みました〜〜的なニット生地を縫うにはスキル不足だと覚悟してかかりましたが、襟ぐりには伸び止めテープが貼ってあるので家庭用ミシンでも問題なく縫え、袖口も目打ちで目を送りながら布がズレないよう進めれば、特にツレる・伸びる・進まないといったトラブルはありませんでした。思ったより縫いやすかったかなぁ。ただ、レジロン糸が家庭用ミシンだと最悪の相性で、下糸をボビンに巻くのにも苦労しました。

ロックミシンは、通常は布ズレしないように手前に引っ張るのが基本ですが、この布はチビチビと送る感じで進めました。それでも、裾などの横目になる部分は送るだけでなく送り歯の先で引くようにガイドしていかないとスタックして団子になりました。ゆっくり進めて行ったので、そうしたトラブルも修正できたので良かったです。

_MG_0384a.jpg

作り方はいろいろ変えてあります...って、変えなかったのは襟ぐりと袖口の処理だけです。脇はスリットを入れるために前後身頃は別々にロック処理して直線ミシンで接ぎますが、これだけ伸びたらスリット不要と思い、前後合わせてロックミシンで縫い合わてしまいました。

裾は横目でロック後かなり伸びたので(差動の使い方がわからない)、スチームでもキツいなぁと思い、裾上げせずにウネウネのままにしてみました。ロックのままにするなら丁寧にかければよかったかなと反省。でも、ミシン目が見えないのがこの布の良いところなので気にしないことにしました。

布で見るより着る方が透けないので、タンクトップの上でもOKって感じです。つまりはオールシーズン着まわし可能ってことですね。大変そうに見えたけど、作って良かった

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

メイキー says...""
マフラーがつくと、グッとオシャレ度がアップしますね!
いいないいなー。
いま教室でニット地でポロシャツを作ってるのですが、わたしニット地初めてなので悪戦苦闘です・・・

ロックミシン、難しそうですね^^;
使いこなせる自信がないかも。うぅ、、。
でもこういうの縫いたいです。
2013.10.12 20:50 | URL | #- [edit]
orange-paprika says..."Re: タイトルなし"
★メイキーさん
そっか、STEP2最後の作品ですよね。
布選びがすごーく重要で、最初はテンションほどほどの
厚みのない天竺で、端がクルクル丸まらないものが
挫折しないポイントなんですよ。私は最初のがクルクルして
死ぬかと思った(笑)。ぜひ楽しくやってみてください。
ロックミシンで縫うと、余りにも簡単に洋服ができるから
はまりますよ。ちなみにこのドルマンはポロシャツより
数倍簡単ですから、安心してねぇ。ポロシャツは布帛でも
面倒ですよ。自信もって頑張ってくださいね♪
2013.10.12 21:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2005-e5d19c8a
該当の記事は見つかりませんでした。