Jenny's Ribbonsのドデカイトート

_MG_0539a.jpg

ホームソーイング講座STEP2の最初の課題「トートバッグ」はギリギリまでデザインが決まらず、前日まで毎日どよ〜〜〜んと過ごしていました。それでも、何かやらないとどうにもならないから、破れかぶれで製図しました。布は使い道が決まっていなかったリバティのJenny's Ribbons帆布キルティング。キルティングなら芯はいらないので心と手間の負担が少し減ります。何より軽い これ重要ですよね。

サイズは幅52cm(脇マチ含む)、底マチ16cm、高さ34cm。マザーズバッグより小さいけど、結構大きなバッグになりました。

_MG_0540a.jpg

内布は強度を考えて無地の綿麻に。ポケットは薄いですが、扱いやすい小花のブロードにしました。一応用途は、ジム用ということで、タックを入れてゴムで縮めた側の左右には、水ボトル、200mlの保冷ボトルを入れます。真ん中A4仕切りと反対側のタックなしポケットは、ソーイング講座に使う時用です。d定規、テキストや型紙を入れます。

大好きなDカンもつけておきました。PASMO入れやペッタンコポーチなどをひっかけて使えるので、これがあると便利なんですよねぇ。

写真だと底にシワがありますが、これはキルティングの縫い代が盛り上がってるから。輪なら平らだったけど、柄に方向性があるから接ぐのは仕方ないです。縫い代をステッチで左右に縫い付けると良かったですね。後の祭りだけど...。

_MG_0541.jpg

内布見返しを帆布キルティングにしたことで、脇の縫い代が凄いことになっちゃいましたが、ここは自宅の職業用でザクザクとやったので問題なく縫えました。まあ、これまでみたいにガシガシではなく、厚いところでは一目一目ゆっくり針を進め、その際は「がんばれ〜〜〜」とか「よくやった!」とか、励ましの言葉を忘れませんでした。この声かけって自分にも有効で、無事に危険箇所を縫えるとメチャクチャ嬉しいです

入れ口はファスナーも考えましたが、ジム用メインだと下手に蓋を閉めると使いづらいということでマグネット式にしました。基本的にいつもOPENで使います...。

_MG_0542.jpg

本体がキルティングということで、持ち手も優しく共布に。二つ折りにして縫い代を割って返していますが、縫い代を幅とほぼ同寸とったので、2枚重ねではなく3枚重ねになっています。いやー、返すの大変でした。指でひっぱって肩はこるし、指は痛いし筋肉痛です でも、全体が均一な布厚になるやり方が思いつかなかったので頑張りました。

何だか仕方なく作ったみたいなバッグですが、完成した軽くて大きなバッグには満足しています。失敗というか、今後の課題は、バッグサイズと持ち手幅による付け位置ですね。これは間隔が少し狭くて持ち手の付け根がゆがみます。でも、これ以上広くするとバッグが歪むかも。この関係も奥が深いです。

ああ、これでや〜〜〜っと肩の荷が下りたわ〜〜〜

  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

ゆっきー  

マグネットホック(?)、ハート型のもあるんですね!
めっちゃかわいい(ハートとスマイリーが大好きなんです!)
バッグって用途によって使い勝手が違ったりするんですよね。バッグ口やらぽけっとやら。
ボトルポケットもあって使いやすそうなバッグでいいな。
表についた、革タグ(?)もステキです!

2013/10/30 (Wed) 11:09 | EDIT | REPLY |   

orange-paprika  

Re: タイトルなし

★ゆっきーさん
そうなんです、ハートがあるのですよ。
気持ちの問題だけで、使い勝手関係ないけど
やっぱハートとか花とかテンション上がりますよね。
革タグも高くないし、既製品ぽいからいいかなって。
ボトルポケットはないと、コロコロしちゃうから
やっぱりあると便利ですよね。手作りってことで
あれこれやっちゃいました〜〜♪

2013/10/30 (Wed) 13:42 | EDIT | orange-paprikaさん">REPLY |   

Post a comment