J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

デニム風ニットのマキシスカート

_MG_0399a.jpg

Rick Rackさんで買ったデニム風スエットで以前作ったのと布違いのマキシスカートを作りました。

ミシン屋さんから針は11番よりニット用14番のほうがよろしいとのアドバイスもあり、サービスでつけてくれたものを使って縫いました。何でも、糸より針サイズは大きい方が、やや小さいより安定するらしいです。レジロンは#50でいつも使っているスパン#60より太いですが、ヨリの関係で細く感じるくらい。つい11番針を使っていましたが、今後は14番が良いということですね。

_MG_0402a.jpg

さて、布の見た目は硬くて厚手のデニム風でも、触ると意外なことに薄くてふわふわ。裏が前に縫ったミニ裏毛よりスカスカといったほうが正しいかな。そのため、ちょいと太目の糸くずがたーくさん落ちます。慌ててロックで縫い代のみ始末したりして、優しく扱うなどして布が裁断時より小さくならないよう気を使いました。それにもめげずに裾はカットオフです 

_MG_0404.jpg

前後スカート中央のジグザグ指定の部分は、前に縫った時は面倒だからとコバステッチでしたが、今回はちゃんとジグザグで...縫えませんでした。布に厚みがあり、出だしで巻きロックみたいになっちゃいました。そこで思い切り引っ張って何とかスタートさせましたが、次は縫った部分がウネウネになってしまったのです。仕方ないので途中で断念してコバステッチにしました。職業用が戻って来たので、スイスイ縫えよかったぁ。

しかし、分からないのがこの前後中央の接ぎ部分への伸び止めテープとジグザグミシンです。実際に着て、母に指摘されたのがこの部分のフレアーがキレイに出てないこと。当然ですが、どうしてもつっぱってしまうのです。後ろは負荷がかかるので伸び止めとステッチは必要だし、ヒップの丸みで布が伸びて落ちるのでフレアーの出方も無問題。でも前はねぇ..理由がよく分かりません。

さて、このふわふわミニ裏毛、中々セクシーなのですよ。ヒップの山に布がのって、そのまま臀部の上の部分の形がうっすらと出て、そのまま下にすーっと落ちるの。これが、Hな雰囲気なのですよぉ 昔の私はお尻がなくて板みたいにペッタンコだったので、こんなマーメードなラインで憧れてました。まっ、大誤算だったのは年取ってから丸くなったので垂れてるだけでなく、お腹まで出ちゃったってことなんですけどね。ジムに行ってもここは改善できずにいます

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2065-a34659f1
該当の記事は見つかりませんでした。