J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

軽くて便利!フード付きマント

_MG_0612ち

クルールさんで買ったマントのパターンを形にしました。縫うのは直線ばかりで簡単なんですが、布が大きいから振り回すのが大変でした。それと、もこもこウールってアイロンでも潰れないし、布自体はふにゃふにゃするから、きっちり正確に縫うのが難しかったです。まあ、縫目が埋まって見えないから、気にせずガンガン縫ってやりましたけど

気に入らない所はいくつかありますが、次から改善するってことで、これはこれで良いことにしました。このパターンは簡単に作れるマントだったので、フードと身頃の接ぎ部分の縫い代始末ははロックミシンでした。写真みたいに手作りアクセなどを見せびらかして着ると縫い代が見えてしまいます。ちゃんと手をかけて別布でくるむ方が気持ち良く着ることが出来たなぁと思いました。

_MG_0614a.jpg

20代の頃、まだ原宿のキャットストリートが田舎っぽい住宅街だったときに買ったセルのブローチをつけてみました。お気に入りで、これだけは捨ててないの。中央につけると目立ち過ぎですね。

_MG_0617a.jpg

これまた手作りシルバーワイヤーと天然石のピンで留めてみました。関係ないけど、キャップ以外は全体を1本のワイヤーで作ってます。中心となるピンはダイヤモンド削りで尖らせて布に突き刺せるようにし、そこに太さの違うワイヤーと天然石で葉っぱと実を作っています。ワイヤーワークが出来ると、鎖やカンなどのパーツは自作するので揃える必要がなくていいわぁと喜んでいた時に作ったものです。シルバーは硬くて扱いが大変ですけど、堅牢で壊れないから良いですね。

_MG_0618.jpg

袖口を作るボタンはC&Sさんの2.5cmのものを使いました。2.5cmでストックがあったのがこれだけだったの。ちょっと目立ちますね。もっと控えめなのが良かったな。布が見た目より薄いので、裏打ちボタンをつけています。でも、洋服のように裏側で隠れるのでなく、表側になるのでクルミ型のものをつけてあります。多分、数十年前の服についていたものです。既製品でも捨てる時はボタン総はぎとりしておくと何かの役に立ちますよん

これ一枚だと寒いかなと思いましたが、やっぱり薄くてもウールですね。軽いし、長方形にフードがついているだけなので、ショールにもなります。もちろんショールよりずーっと使いやすいし、形もきれいなのでちょっとした羽織ものにおススメで〜〜す

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ゆっきー says...""
可愛いー!!
チェック模様が斜めに出て、すごく可愛いです。
ボタンもかっちょエエ~ですね♪
シルバーワイヤーと天然石のピン、おしゃれだし。
ハンドメイドだなんて、ビックリです。
軽くてあったかくて、ショ-ルにもなる・・・
実はショールを一枚編み始めたのですが、
縫い物ショールのスピーディーさを考えると、
心がゆれます(笑)
2013.11.15 10:09 | URL | #- [edit]
orange-paprika says..."Re: タイトルなし"
★ゆっきーさん
確かに布は簡単ですよねぇ。
毛糸の柔らかさはないけど、伸びないから布なりの
良さもあるしね。特に四角系の増減なしのショールとか
なら、布のほうが楽だし、畳むと小さくなるし。
私は楽さに負けた派ですよ〜〜。肩こりからは開放される
し。ミシンの肩こりは一回ジムいけば治るけど
編み物の肩こりは治らないわぁ。今、くつ下やってて
もう死にそうです。堪えられないかも...。
2013.11.15 12:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2068-301cfefe
該当の記事は見つかりませんでした。