J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

なかなか手強いふらっとろっく

_MG_0647.jpg

ふらっとろっくBL-72Sなるものをお迎えして二週間が経過した先々週、初めて箱から出してあげました。ジューキさんのミシンは工場で動作確認した状態で梱包されるから、さっきまで誰かが使ってたみたいな感じなんですよ〜〜。

これも素人が買うものじゃないのか、取説がぺらぺらで全く頼りなく、糸調子なんて適当にどうぞって感じ。一応、出荷状態がベストだから、ダイアルはあまり動かさないというのがお約束みたいなんですけどね。

_MG_0649.jpg

ミシンアシストさんのセール(直営HP現金取引)でメチャクチャ安かったのに、ジューキさんがキャンペーン中ってことで通常10,500円するバインダーがプレゼントになってました。箱の中にはミシンセットの他に、写真のバインダーセット、ハギレのような布とウーリースピンテープがちびっと、おまけにテープ状にカットした布がたっぷりと入ってました。これって、バインダー使って、せっせと練習せよってことなのかな....。

ふーん、このハギレには袖山があるなぁ、てことは本当にハギレなんだ ん?こっちは身頃の形だよ...って、嫌な予感が...もしや、この三角のツンツンは、ベビーロックさん独特の「ノッチ」ってやつですか〜〜〜???つまりは、この布は裁断したTシャツキットってことに あああ、すでに片方の袖が細切れに...

_MG_0487a.jpg

泣いてても仕方ない。とりあえず糸だけグレーに交換して別のハギレでチビっと練習して、Aラインチュニックのウネウネ袖口をやり直さないと。

まずは中央針をとって、6mm間隔2本ステッチのカバステ練習。何でも3mm間隔だと目飛びしたり糸調子が難しかったりするんですって。確かにヴォーグでもベビーロックさんのワークショップでも6mmでした。

_MG_0651.jpg

が、簡単らしい6mm間隔の試し縫いから1時間経過するのに糸調子がとれずにこの有様。どうなってるのかちーっともわかりまへん。ルーパー糸だけちょっと濃いめのグレーにして確認してみると、やっぱり右針が作るループが緩い。あっちこっちのダイヤルクルクルしても全く改善できず。どうしてなんだろ。キツくすると、ループが左針側にツレてあがってしまうし、緩くすると全体がこんもりしちゃう。

PB152479.jpg

ダメージが大きくて一週間放置。その間、ちょっと調べたり人にも聞いたりしたところ、針糸ダイヤルは基本4、ルーパーは1.5で動かす必要ないらしい。それでも駄目だったら糸かけとか?布の種類にも関係するらしい。とにかく自分が悪いってことが前提で仕切り直し。で、気づいてしまった....糸調子が変なのは右針ではなく左針ってことに 必死に右針とルーパーをいじくっていたのは何だったのか。裏表になるとか左右逆転すると認識できなくなる私の優雅な脳ミソ。ああああああああ 

気を取り直して4-4-1.5でやったところ...やっぱり駄目でした。そこで、4.5-4.5-1.5でお試ししたら、テンションの高い布で作ったAラインチュニックのウネウネだった袖口が何とかフラットに仕上がりました。

PB152481.jpg

裾は脇の切り替え部分が丸くカープしているので、差動1.3にしてカバステ。無地の部分のみNでかけたら、伸びることなくちゃんと縫えた〜〜〜〜 少しずつ経験値上がってるよ

PB152480.jpg

カバステは表を見て縫うのに、裏に折り返した布端の際のジャスト外に左針が落ちるよう縫わないと駄目なわけ。慣れないから何度もめくって、下から覗いて肩カチコチです。チビチビ縫い進めたけど、結局はこの程度。いやー、テンションの高い布のカバステ難し〜〜〜い。

大格闘になったけど、とりあえず縫えてよかったわ。ジューキさんのベビーロックは全部国内生産。工場では1台のミシンを複数の人がいろんな種類の布でテストして、調節した上で梱包しているから、万が一思うように縫えないとしたら配送途中の不具合でもないかぎりは使い手が悪いの。今度も私が悪いを前提に頑張ったけど、失敗の理由が余りにもアホらしくて笑う気力もありません ハギレと思ってサービス品にも鋏入れちゃうしね。まだまだ修行が足らないってことですね、この世界での

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2072-3341077a
該当の記事は見つかりませんでした。