J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

国産の紅茶を取り寄せてみた

_MG_0679.jpg

紅茶専門店(紅葉〜くれは〜)から国産紅茶を取り寄せました。欲しかった無農薬(八女紅茶)は売り切れてましたが、日本茶で好きな九州産を中心に4種選んでみました。

今回買った茶葉はフレーバーティーを除いて3タイプ。南薩摩紅茶ファーストフラッシュ(清廉=沸騰したてか直前の新鮮な湯で普通に淹れるタイプ)、天の紅茶・嬉野紅茶(滋納=少し置いた湯でじっくり淹れるタイプ)、瀬戸谷もみじ(望蘭=沸騰したてか直前の新鮮な湯で淹れるタイプ・茶葉多めでミルクティー向き)です。毎朝600mlポットでミルクティーを飲んでいる私には、お茶の時間に少量を急須で淹れる位置づけになるのかなぁ。

_MG_0680.jpg

フレーバーティーは嬉野茶に着香した「いちご紅茶」、大分産の柚チップ入りの「柚子」、松の葉でなく山桜で燻した正山小種(ラプサンスーチョン)ならぬ天山小種。試しに一呼吸置いた湯3分で抽出したところ、正にラプサンでした。山桜だろうと、ラプサンが苦手な人は飲めないと思います。次は80度くらいの湯で、その次はもっと落として日本茶のようよ何煎かといった具合に好みの抽出時間を探す楽しみが出てきました。

いちごは、熱湯で3分で試した所、茶葉は完全に開いてましたが、渋みも苦みも何もなく飲みやすいと思います。しっかりした着香のせいか、この缶の容器だと香りが漏れて、戸棚を開けるたびに「ちいご」が香ります。香り重視の人には嬉しいかも。

それにしても日本の紅茶もここまで来たかって感じでびっくり。

PB242484.jpg

別のお店ですが、カブ飲み用に取り寄せたのが「べにひかり葉子(二番茶)」。無農薬・無化学肥料栽培の静岡産です。べにひかりは国産の紅茶専用品種として品種改良されたものとか。あまり栽培されていないのに、価格が安い(800円/100g)のはなあぜ?二番茶は水色が赤くタンニンが強いそうなので、ミルク半分のティーオレで飲むことにします。

Category : 食べ物
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2083-2ba33af2
該当の記事は見つかりませんでした。