J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

ちょっと残念な結果となったボトルワンピース

_MG_0673.jpg

猫の隠れ家さんのセールで買ったストレッチジャガードミニ裏毛でpolka dropsさんのボトルワンピを作りました。布のワッフルみたいな凸凹が思ったよりハードなのと、裏が完全に「私、裏です〜〜〜」って主張するから、ボトルの口に当たるタートル部分に裏が見えると見窄らしくなるという、悲しい結果に...

しかも、私の知識と腕ではカバステが思うように出来ず、結局は直線ミシンとロックミシンで裾始末することに。というのは、布が凸凹しているからステッチの糸が凸に乗っちゃうの。カバステのステッチの目幅って基本長いので、糸「布にかかる橋」状態に浮くには十分て感じでした。もちろんレジロンで直線縫いするとテンションが高いから布が伸びでウネウネに。まあ、今回はスチームをかけてなんとかギリギリならせたからギリセーフでしたけど。

_MG_0676.jpg

デザインからいうと、この布みたいにハリのあるタイプはボトルネックの部分がいい感じに落ちないので向かないと思います。柔らかくて、そんなにテレンとしないミニ裏毛とか天竺がイイかなぁ。

パターンは、前後身頃がほとんど同じというか、身頃と衿がつながった形なので無理は感じました。衿ぐりのカーブとそれに合わせた衿付けがないので、太くてガッツリした横シワが入ります。これはよく伸びるニットなので裾をぐーんと引けば消すことは可能ですけどね。

_MG_0674.jpg

人の身体は立体的だからニットでも切り替えがないと、美しく着るのは難しいかなぁ。手編みでも身頃は前を丸く増減して衿に進まないと前に横線が出ますからねぇ。ニットといえども布で表現するのは厳しいのかなと私の身体は思いました。

まあ、今回は布との相性が悪かったのでしょう。リベンジがあるとしたら、次は部屋着用にミニ裏毛を使ってサイズもLにして作ってみようかと思います。

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2089-1f0ab946
該当の記事は見つかりませんでした。