ちょっと気になった「男のシャツ」とは

_MG_0711.jpg

どうしてもロックミシン縫い代処理では我慢できない布とか服とかがあって、一度折り伏せ縫いを上手に活用できたらなと思っていました。そこで、メンズ仕立てのシャツの本を買ってみました 何度も増刷されているから、多分人気の本なのだと思います。

_MG_0714.jpg

密林のレビューではパターンが素晴らしいとあります。ちゃんとしたシャツの作り方なので、パーツも多く、実際に作るとなると大変かなと思うけんだけど。まあ、作らないまでも、シャツに合うボタンやカフスなどの話は、知らないことが多く、読んでみると面白いと思います。

_MG_0712a.jpg

ドレスシャツといったカテゴリーになるのでしょうか。ちゃんとしたシャツがどのように作られているか、着こなしのポイントなども書かれています。シンプルなだけに、正確に裁断して、きれいにアイロンしながら正確に縫うことでパターンの良さが表現できるのだと思います。私にはちょっとキツイかな。でも、いつかはちゃんとした服が作りたいと思っているので、シャツは実力をはかるのに丁度良い課題になりますね。今は眺めるだけだけど...

_MG_0713a.jpg

とりあえず知りたかった手順はわかったけど、細かい説明はなくて、知ってて当然で進めているから、それぞれのパーツの美しい縫い方については別の参考書が必要になります。例えば裾は三つ折りして縫う、脇を縫うで済ませています。でも、ただの三つ折りちゃうよね。カーブのある袖の折り伏せ縫いをキレイに仕上げるコツとか知りたいわぁ?

結局は技術向上の手助けには結びつかず、「ふーん」で終わってしまったわけだけど、知っていると何かいいことがあるような、ないような...です。

【送料無料】男のシャツの本 [...

【送料無料】男のシャツの本 [...
価格:1,680円(税込、送料込)

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment