J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

リバティ頼みの短冊開きシャツ

_MG_0736a.jpg

ホームソーイング講座高等科では、バッグに続き、短冊開きのシャツを作っています。みなさん様々な布で、色・柄や素材を組み合わせて素敵なシャツを作っています。

そんな中、きっと可愛いく出来ると思って縫った自分のシャツが...なんと、作業着になっていることにショックを受けたアタクシ...(最初のバージョンはリバティ部分がありません)。写真は仕上げアイロン前なので、犬猫の毛とシワで作業着の雰囲気が出ていると思います。

_MG_0744.jpg

最初は短冊の裏側をさりげなくリバティにする予定でいたけど、それだと接ぎ部分が縫い代で厚くなっちゃうと言われ、迷ったあげく諦めました。皆さんは短冊部分全体を別布にしたり、本体をレースにして短冊だけ無地でしっかりさせたりと工夫されています。私も何としないと!ってことで、衿付けだけ残っていたので、ちょいと分解して裏襟にリバティのFeliciteをくっつけてみました。ある意味「悪あがき」

_MG_0746.jpg

でも、私的に、裏襟だけリバティって取ってつけたみたいな唐突感があります。じゃあ袖口はどーよ。完成した袖口に何かできるとしたら、袖の途中にボタンでもつけてリバティのループでひっかけてみるとか、おリボンでもつけてみるとか...で、やったけど今ひとつ。でも諦めきれずに(せっかくリバティでリボン作ったんだもん)両脇裾にくっつけてみました たまたま裾が脇に向かってカーブしていたので、リボンではちょっと持ち上げるだけにしています。

こうして何とか作業着から幼稚園のスモック程度には昇格した感じ?

_MG_0738a.jpg

さて、今回のシャツ作りのポイントは2つ。短冊開きの作り方と衿付けです。短冊は2mm違ったらどうにもならず、1mmでも厳しい、やっぱりジャストでないとキレイに見えないというくらい正確な裁断とミシンが要求される難関パーツ。とりあえずちゃんとついたけど、やはり気に入りません。

衿は表裏衿で身頃を挟むような形になるので、襟の両端が短冊開きの前立てから自然につながらないと駄目なの。かなり気を使ってギリギリをミシンで狙ったのに、完成したらちょっと浮いてました。どうしてなのか..うーん、難しい...。

気をつけても出来ないものは出来ないのね。どうも聞くだけでは駄目で、実際に実演してもらい、ビジュアル学習しないと進まないタイプなようです

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2105-8bd676a9
該当の記事は見つかりませんでした。