J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

身幅が広過ぎたmplのカーディガン

_MG_0797.jpg

大晦日に思い立ってmplさんで買った型紙でストレートネックカーディガンを作りました。結果...私には相当大きいという残念なことに。カタログ写真のモデルさんのように、肩を落として着ると手が見えなくなっちゃうの。

mplさんの言うBLの仕上がり寸法は108cm。もっとあるように感じたので、型紙の身幅線(身頃の幅)を確認したら、なんと!前後で120cmありました。こりゃどう見ても大きいでしょ。このデザインの場合、BLとは身幅線の数センチ上になるから、サイズ表から予測できませんでした。でも、一般的にはBLの仕上がり寸法を見て身幅と思うでしょ?

ちなみに、袖が肩に乗るように着ると袖丈、アームともいい感じになります。それって?そうなの、袖山カープのある袖口に向かって細くなる普通の袖が肩より数センチ落ちた状態でいい感じに作られた寸法なんだけど、袖を肩に乗せて一番長さが必要となるアームに余裕を感じるんだから、そもそも私には袖さえも太すぎなのです。

悔しいから補正しようかと思ったけど、なかなか手強い型紙で、私の実力で着やすい完成形に作りかえるのは不可能。というのも、全体が大きいわけじゃないのです。それと、肩を落としてアームが合うように計算してある実に不思議なデザイン。身幅をすごーく広くして、そこにちょこんと普通サイズの袖がつく感じの服なんです。だからこそ、mplさんが補正なしで作れるよう、販売の段階でしつこくサイズ確認するのだと思います。確認されてもこの結果だからねぇ。

_MG_0798.jpg

サイズを決める時、mplさんて腕周りにこだわりがあるみたいなの。だから、12号がバッチリってことなんだと思います。ただ、母やお教室の先生にも聞いたけど、腕周り採寸するなんて聞いたことないそうです。普通、服のサイズを決める時って、身幅と肩幅でしょ。型紙が来てから袖丈と袖ぐりを補正するだけで気に入ったように作れるし。やっぱ研究所だから?

てことで、カシュクールを11号で作るのは大変危険と判断しました。11号の仕上がりサイズを確認したら、BLがヌードサイズの30cm弱の余裕。このデザインの服で、自分のバストサイズより30cmも大きな型紙で作る??でも、mplさんは腕周りが〜〜〜って言うのよねぇ。

自力で補正できる数字をはるかに超えているから、購入した型紙で作るのは無理ですね。試しに6-7号で作ってみるしかないかなぁと思っています。それで小さかったら、私の体型が規格外ってことでmplさんのパターンは諦めるしかないですけど。でも、水野先生のパターンだと、講座で作るような昔ながらのラインの服がMサイズで補正無しなんですよ〜〜。もう、訳わかりまへん

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2126-cba04836
該当の記事は見つかりませんでした。