J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

フリルカーデ途中経過

_MG_0887a.jpg

山田ルリ子先生のロックミシンのクラスは、2回に渡ってフリルカーディガンを作っています。先月の1回目は、パターンを切って裁断、芯貼り、フリル作りで5時間が終わりました。誰より早く来て、誰より早くパターンを切り抜いて...気づくとビリでした 原因はフリルの裁断幅を間違ったからなんですけどねぇ。

ロングカーディガンの時もクリップ留めでグッタリしたけど、今回は裁断・芯で肩こり、フリル作りでイライラ、ビリだっていうプレッシャーもあって、精神的にも疲れました

写真のフリルが前立て横につきます。A型几帳面という先生は納得するまで丁寧にサポートしてくれます。私だったら途中で「こんなもんか。いいや。」になっちゃうなぁ。頑張って見本通りに整えないと。

この部分は身頃と縫い合わせるとかなりの厚みになって、はぎ合わせ作業に入っていた生徒さんは皆さんドタバタしてました。ロックミシンで厚手のものを上手に縫うのにはコツが必要なんですよねぇ。ズレが一番恐い。ああ、気が重いわぁ。

次回は先生が用意されたリバティのバイアステープで縫い代をパイピングする予定だけど、直線ミシンが使えないのでふらっとろっくでつけるらしいの。ミシン台数も少ないから、この部分は自宅でやって行くことにしました。バイアステープはC&Sさんで買った出来合いのものでいいかな。テキトー

心配はちゃんと正しい場所にパイピングできるか。ここだと思っていても勘違いするから危険なのだわ。ちらっと完成品見ただけで大丈夫かいな?不安だけどやるっきゃないわ。自分を信じる!...のが一番難しいんだけどねぇ...。

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2171-9adfefb2
該当の記事は見つかりませんでした。