J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

使い道に困っていた布でスカートとプルオーバー

_MG_1401a.jpg

2枚目のフレアプルオーバーです。布は、母にと思ってHARUさんで買ってあったもの。届いたら印象が違って使い道に困っていました。この際、Tシャツ代わりに着てやろうということで、自分用に作りました(母は髪を結ってるので、被りは着ないのだ)。

_MG_1403a.jpg

一枚目は凸凹厚の綿レースだったせいか、この薄いコットンは縫いやすかったです。前回、ちょっと手こずった部分もスイスイ。アイロンもちゃんとかかるし、縫いやすい布でした。ちょっとどうかというのが柄合わせ。なんとなーく切り替え部分で縦模様を合わせたので、切り替えてあるのかどうかがわかんない。まあいいか。

_MG_1405a.jpg

スカートは、これまた使い道に困っていたC&Sさんの「大特価ふんわりストライプうすきなり2mカット」。これ、以前にも買ったから2セットあるんじゃ。アホ

何で困っていたかというと、オシャレさんじゃないと素敵に着こなせない感じがしたの。白に近いベージュに薄い水色と真っ白のストライプが全体を曖昧な色合いにしているの。弱った私の目には汚れた白にしか見えない感じ?(C&Sさん、スミマセン!!)。

でも、クタクタだから幅なりのギャザーでもイケそうじゃん。てことで、80cm着丈のロングスカートにしてみました。ピッカピカの白やベージュと違って自然な感じ。まさに普段着の白って感じで気に入りました。

_MG_1404a.jpg

ブルオーバーのサイドショットは、私の着画と違って美しいですね。やっぱり痩せ形モデル体型は洋服がきれいに見えます。以前、何でモデルさんはベチャパイなのかって話になり、山田ルリ子先生がダーツが不要というのがポイントだとおっしゃってました。確かに、立体的な身体に合わせるとダーツなどで切り込みだらけになっちゃう。モデルは痩せてればいいって思ってたけど、胸もできるだけ平らなほうがいいのでノーブラなんですね。

立体的な私の場合、根性があれば手編みのニットもカワイイけど、そんなもん生まれながらに持ちあわせてないからお手軽にミシンで作ったプルを着ることにしますわ

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2302-b5fca18c
該当の記事は見つかりませんでした。