J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

扇風機としてのサーキュラー

_MG_1431_20140612132837fe6.jpg

さて、私は何を作ろうとしているのでしょうか?フルーツでも盛るのかな?いやいや、これからさらに筒状に15段ほど編んでバケツみたいになるのです。

そうして出来た籠は、あづま袋と合体させてバッグにします。一時中断してるのは、一気に編むと指と手がとんでもないことになって、回復に時間がかかるから。

疲れの理由は、糸がジュート/ラミーだから。これは梱包用の紐かっ ウールみたいにいい感じに滑らないから、糸を引く・かける・引き抜くの動作一つ一つに力が必要。イライラするし、1段編むだけで我慢の限界が来ます。毎日1段て、どーゆー基準と進み具合なんだ

_MG_1441_20140615164942491.jpg

ところで、アイロンがけがキツイ気温になってきましたねぇ。アイロン台やPCの設置イチの関係から、扇風機は背後にしか置けません。でも、一番暑いのが頭と顔(ある年齢から、頭から汗がしたたり落ちるようになった)。そこで、顔に風を当てる目的でお安目のサーキュラーを買っちゃった これをタンスの上に置いて、アイロンがけをしている私の顔に風を当てようというもの。

軽くてコンパクトなので、PCの前にいる時は移動させ、これまたサイドから顔や頭にヒューヒュー。手動団扇に替わる文明の利器です クーラーが必要になったら、本来の用途であるサーキュラーとしての仕事をさせようと思います。それまでは、私の顔と頭を冷やすための小型扇風機として頑張ってもらいましょう

Category : その他
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2312-671c940b
該当の記事は見つかりませんでした。