合い着用のハーフコート作り

P8172791.jpg

ホームソーイング講座最後の課題「ハーフコート」の自宅学習。裏がないから縫い代始末がお勉強ポイントで、折り伏せ縫い&バイアステーブで仕上げて行きます。今回はインターロックなし。

デザインはフード付きなので柔らかめの布がイイかなと、コットンツイルにしました。ウールは難易度高いし、あると便利な合い着にはこの程度が丁度いイイかと思ったの。フード無しバージョンなら、トレンチ風に硬くて厚めのコットンやしっかりウールの方がいいかな。

_MG_1661.jpg

色はどうしても派手目にしたくて、葡萄色にしました(写真より沈んだ紫です)。フード裏やポケット、パイピングにはHHさんのリバティ・クラリスを。表地に馴染む色合いが見つかって良かったです。無難路線の私にはピッタリ。

ここで一番手間というか、面倒なのってポケットかなと。玉縁なしのボケット布と本体切り込みで仕上げるタイプで、後からフラップがつきます。

とにかく残り2回の講座内で完成させないといけないから、何があっても最終日にハンコがもらえるよう出来るところは自宅で仕上げて行くことにした私。やったはいいけど間違ってて、教室でリッパーというお祖末な真似だけは避けたいので、やり方を習ったポケット、そして、耳で聞いた背中の切り替え、肩、脇、袖の折り伏せ縫いだけしておくことに。

_MG_1662.jpg

お袖はスーツみたいな二枚袖です。なんでも、人の腕はちょいと前に曲がってて、それを布で作るには二枚必要なんだとか。出来上がったものは微妙にカーブしてまつ。ふーん、知らなかった。また賢くなっちゃったわ〜

今考え中なのがボタンホール。玉縁仕上げを習いたーいと騒いでおいたら、前回一般的なメチャクチャ大変な作り方と、「片倒し」という簡単な方法を見せていただきました。一般的なのは絶対嫌だけど、片倒しならどうだろ。頑張って7個の穴を作ろうか、悩ましいところです。ボタンをかけずに着ること前提で(一番力がかかるので破損しやすい部分)、玉縁をリバティにしたら可愛いだろうなぁと。最後の作品だから、夢だけは大きく広げてみているところです

  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0

2 Comments

fujiko  

こんにちは! すごく綺麗な葡萄色の生地ですねー。
合わせたリバティもとても素敵です。

ホームソーイング講座ってヴォーグ学園のものですか?
実際に先生に質問もできて勉強になりそうですね。
残り2回、ワクワクのような終わってしまって寂しいような...ですねー。

orange-paprikaさんは作る前にちゃんと色々
研究されていてすごいなぁ。
わたしはとりあえず作って...失敗して立ち止まって...
なんとかごまかす...の繰り返し。
ひとつひとつ作る前に完成までをイメージして
作るの、見習いたいです!

2014/08/19 (Tue) 14:47 | EDIT | REPLY |   

orange-paprika  

Re: タイトルなし

★fujikoさん
既製品で買うなら無難にベージュや黒・茶でも
自分で作るとなると白や色物で冒険してます。
なんでかな。自分で洗えるから白でもいいか...
既製品はどうしてもクリーニングってイメージだからかな。
自分でも理由はわからないのですが、これまでとは全く
違う色選びしてます。多分、キレイな色でないと
テンション下がるからかな。やっぱり色って作る時には
大事なポイントかなって。ちなみに黒だと目が...とにかく見えないの。
ソーイングはヴォーグ学園横浜校でお勉強してます。
半年x3回なので、一年半で30回=150時間ですわ。
相変わらず思い込みが激しいし、リッパーとは仲良し(汗)。
布を見て完成図が想像できずセンスなしなんですよ〜。
でも、間違えながらも余裕ができて来ているかな。プチ成長。
学園で習っているだけでは間隔もあくし、実力つけるには
自主練しかないですよね。そこで分からないことや失敗したことは
早めに教室に行って先生を独り占めして聞いてます。
横浜校は小さいので講師科は5名だけ。東京校は10人以上いるみたいで
習うなら横浜かな。5人でも先生待ちで時間ロスしてるので
10人以上はちょっとね。気分的転換にもなるし、愉しみだったの。
ちょっと寂しいです。

2014/08/19 (Tue) 17:50 | EDIT | orange-paprikaさん">REPLY |   

Post a comment