J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

最後の課題はハーフコート

_MG_1751.jpg

ホームソーイング講座最後の課題となったハーフコート。水野先生が、この講座で生徒さんにマスターしてほしかったのが「縫い代の始末」。今回はロックではなく、初の折り伏せ縫い&バイアスでのパイピングで仕上げて行きました。

_MG_1768_20140913105536735.jpg

裏なしコートということで、春先や秋口を意識してコットンツイル。バイアス、フード裏、ポケットはホビーラ・ホビーレさんのリバティ・ロッセリー。裏を派手にと思い、前立てや裾始末もリバティ&奥まつりと思ったけど、これはコットンツイルだからねぇ。ウールならいいけど、ステッチを見せた方がコートらしいから、今回は三つ折りしてミシンではたいておきました。

_MG_1766.jpg

失敗は二枚袖の折り伏せ縫いの時、縫い代を下でなく上にしちゃったこと。形に影響はないから、やり直しせずそのまま。今度は気をつけないと。

写真だと?になったけど、着るとフードが小ぶりでいい感じです。

_MG_1763_20140912123920b59.jpg

ポケットは内袋に矢羽根の切り込みを入れてひっくり返す方法で作ってます。この上にフラップを縫い付けて隠す仕様。手間なく簡単。でも、出したりひっくり返したり(袋縫いだからね)している時にポケットがズレて、フラップをつけたら裏側のステッチが曲がってた...先生はミシン目が乗ってるからOKと言ってくれたけど、自主的にやり直し。今度はちゃんとポケット位置を確認しなくちゃ。

_MG_1756.jpg

どうにも我慢ならなかったのがボタンホール。ベルニナミシンの調子が相変わらずで、試し縫いでOKだったのに、本番1つ目が最後の返し縫いでガガガーーっと音を立てて、上糸を巻き込み糸が団子に 苦労して解いたけど、二度目はボサボサ。

_MG_1761.jpg

再開して4個作った時点でよくみたら、最後の部分が...ホールのサイズが違ってた。結局、最後の一つは別のミシンを借りて作ることに。苦労しても玉縁仕上げに挑戦すべきだったか... やっぱり家庭用ミシンのボタンホールには限界があるし、何よりセンサーでミシンが動くから毎回ドキドキよ。次からは、ボタンホールのみ近所のお直し屋さんに外注に出すことにしました。

今回は補正のみのアレンジ無しで作ったので、丈が気持ち短めでした。他の生徒さんが5cm長くしたものをみると、そっちが正解のような。ただ、水野先生のこだわりで、座った時に裾がお尻の下でシワシワになるのはNGだから、電車に座っての移動の時はこの丈がベストなのだと思います。(私は大抵座ってます)

今度はフードなしのスタンド衿バージョンで復習してみようと思います。その時の丈はプラス5-8cmかな。

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

fujiko says...""
うわー。 既製品みたい!
とても綺麗に縫われてますね。うっとり。

すごく凝ってるコートですが
これは授業で全部作るんですか? 宿題あり?
水野先生、一度レッスンを受けてみたいなぁって
憧れの存在です。
C&Sの新刊も水野先生がパターン作られてますよね?
前回の本もどの洋服もラインが綺麗で作りやすかったです。

2014.09.13 13:29 | URL | #nauCdapY [edit]
orange-paprika says..."Re: タイトルなし"
★fujikoさん
これ、最終日に印鑑もらうために自発的にお家で
やってます。でないと終わらない。早い人なら可能だけど
私、教室ではテロテロして、別の質問したりしてるので
ちーっとも進まないの。ベルニナでヤバイところはあえて
お家でやってるし。ちなみに、一日5時間の授業で、たしか
型紙補正と裁断、ポケットで1日、残りの縫製が2日だったような。
作り方がわかっていて自宅なら10時間もやってれば確実に出来ますよ。
縫い代始末が面倒ですが、作り方はシャツより簡単なので。
それと授業用は楽な布選びしてるから。縫い代が重なってミシンが
動かないのはシャツとかのほうが多いというか、これはなかったです。

水野先生はすごーいこだわりがあって、彼女のデザインしたものは
見れば他と違うので分かります。笑っちゃうぐらいハッキリなの。
C&Sさんのデザインは彼女が苦手というか絶対作らないものだから
パターンやってるのは何か理由があるかなって。
お人柄は男前です。東京の下町っこそのもので、私は大好き。
作り方に関しては「こうあるべき」は全くなく、出来ればOK。
気軽に楽しく作れることを第一に考えてらっしゃいますから。
だから、入門こと彼女に教わるべきかなって。仕事には向かないですが
ホームソーイング程度なら、まず作りたいと思わせてくれるのが大切だから、
それが出来る先生ですよ。
2014.09.13 15:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2403-2eb0bf28
該当の記事は見つかりませんでした。