J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

パイの店のパン

_MG_9716.jpg

近くに「Hiro's Factory パイの店」というパイをメインとするお店が出来ました。ずーっと気になっていたけど、油っこいものは身体によくないからと素通りしてたの。それでも行った方のブログはチェックはしていましたよん。まあ、そこでの普通評価が多かったのも、これまで行かなかった理由だったけど...高いらしいし。まあ、今日は気が向いたので買ってみました。

何でもオーストラリア人はパイが大好きらしいです。そこで修行したオーナーさんが、一人で作って売ってとやっている店でした。入ってみて、売り場面積に対して商品の数が少ないというのが第一印象。だけど、奥の作業スペースと導入機器にはビックリ。こんなに必要なの?パイのことは良く知らないけど、この品数でこれだけの機器が必要なんだ...大変だなぁと。オーブン一つでできそうなんだけど...いや、失礼。

写真はベイクド・ベジタブルなるタルト。野菜の下にはトマトソースが入ってます。250円。パイ類は上にもパイ生地がかぶさっていて、お値段は350-400円くらい。これにサラダとスープつければ夕食でもいいんじゃない?そんな感じです。

ちなみに食べている途中に、わりと好みかもと思ったのはタルト生地。これが甘かったの。意外にも野菜やソースに合ってるというか、最近糖分控えている私には嬉しかったです。

_MG_9721.jpg

パイは高いのでパンのほうが売れるようです。夕方にはパイは残っていてもパンはなくなるらしく(夕方何回か覗いたけどパンは売り切れてました)、今日は昼過ぎに行きました。写真は残り1個のクリームパン130円。味は甘過ぎず、柔らかすぎずの普通 くるみパンとバナナブレッドも買って来たけど、くるみパンはふつー。バナナブレッドはバナナパウンドケーキとどこか違うのかわからなかったけど、フレッシュバナナの香りがして私は好き。ここまで来て、わかった。画一されたプロの味というより、不安定な家庭料理(私にも作れそう的な)に近いのかも。味が分かりやすいというのかなぁ。どんな高級料理店の料理より、料理自慢の奥様のおもてなし料理が一番好きという、私ならではの感想かも。

今度は店名にもなっているパイを買ってみようかなと思います。お店がつぶれないうちに...きゃっ

Category : 食べ物
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2410-92223bb0
該当の記事は見つかりませんでした。