J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

旨い!マクロビ料理教室に通い始めました

IMG_0355.jpg

今月から月2回、12月まで藤沢のお教室ラーニング&ダイニングさんでマクロビオティックの基礎を勉強します。そして、昨日がその第一回目。まずは玄米の炊き方を勉強しました。でも、玄米だけじゃないの。ちゃんとおかずも作りましたよ 玄米ご飯、ビーツで色付けしたマッシュドポテト、グルテンを使ったハッシュド○△□がメインのお皿。

IMG_0343.jpg

以前、fisslerの圧力鍋で玄米を炊いていた時期もあったけど、今回、それよりもっと圧力の高い玄米専用のお鍋があることを知りました。それが、メチャクチャ厚い鍋なのです。10層ステンレスでも数ミリはあるけど、これは一見1cmはあるんじゃないの?てくらい。でも、とっても使いやすそうな仕様です。この鍋は美味しい玄米を炊くために必要ってことで、一番小さい5合炊きを買うことにしました。

それと、おいしい玄米ご飯には飯台も必要だったのねぇ。白米もおひつに移した方が美味しいから、水分飛ばしには必要なんですね...てことで、職人さんがカンナでゴリゴリスリスリしたサワラ製のもの(これも一般的なのより厚手)を楽天でポチっとやっときました。

ところで、玄米って冷蔵庫で一週間は持つそうです。だから、お弁当にも作りおきしたものを使えるらしいの。白米は炊きたてじゃないとヤバイし不味いから毎朝大変だけど、これは朗報ですよね。マクロビでは冷凍もチンもNGってことで、先生ご推奨のお道具を京都の辻和金網さん(以前、パン焼き用の網を買った店)でゲット。丸網足付16cmなるもので、鍋に水はって、これを置いてお茶碗のご飯を入れて蒸すというもの。お手軽ですよねぇ。

IMG_0335.jpg

で、あとはお料理。出汁がいかに重要かを舌を持って実感しました。出汁といってもマクロビは一般的な取り方とは違うので、当然味も違ってきます。そして、この出汁をベースに玄米粉やらマクロビの調味料を加えることで、和食にも洋食にも化けて、信じられないくらい美味しい料理になるわけです。好みはあると思うけど、私はこれ系すごーく好きなので違和感ゼロ。素直に美味しかったです。

IMG_0356.jpg

お野菜類は奈良の信頼できるお店から有機栽培ものをお取り寄せされた安心安全なもの。先生はものすごくこだわってらっしゃるので、食材集めには苦労されているようです。基本的に火を通さないサラダはマクロビでは食べないそうですが、食べたいなら絶対ダメじゃないのよ〜〜ってことでした。

で、楽しいのが料理はアドリブで食べたい味にさせていただけること。身体が欲しているものを作って食べるという考え方によるものだけど、一方的でなくて良いですよね。今回、ドレッシング(マスタードベースにしました)は勝手に作らせていただきました。最後に先生が甘くしたいということで、アカベシロップ(忘れたけど、多分これ)をちょっと足されたのが良かったなと。とっても美味しく出来ました。

IMG_0352.jpg

とにかく、美味しい出汁さえあれば、あんなものにも、こんなものにも化けるんです。このスープもたまたま万願寺を切っていただいてオマケで作ったもの。どんな味がいい〜〜?といった調子で味が決まっていきます。

IMG_0357.jpg

デザートの紅玉を少しの塩を加えて煮たコンポートは絶品でした。赤い色は先生お気に入りの食材であるビーツでつけたもの。林檎だけの甘さに調度良い酸味も加わり、フルーツ好きとしてはどんぶり一杯イケるデザートでした。

そして、お教室には可愛い10歳になるチワワあみちゃんがいました。パピーミルで悲惨なワン生を強いられ、心も体も傷ついたワンコです。ブリードのためには、きちんと管理した計画交配が必要なのに...彼女は年老いて妊娠できなくなり、ゴミ箱に捨てられていたそうです。今はリハビリ中なの。人を信用してないけど、ちゃんとクンクンしてくれたから、次はタッチできるかなぁ。本当に可愛い子なので、彼女に会うのも楽しみのひとつです。

昨日は11:00-14:00のはずが、ちょっと長引いて試食が15:00。私は、先生とお話していて失礼したのは18時近くになってました 

授業の詳しい内容や食品の安全性と選び方やそれぞれのポイントについては書けませんが、差し障りのない範囲でどんなものを作ったかなどは紹介していきたいと思います。で、マクロビ、旨いです!

この日の授業内容は先生のブログを見てね!

パピーミルとは、繁殖専用の子作り工場のことです。メスは狭いケージに閉じ込められたまま、一歳にならないうちから交配させられ、休むまもなく妊娠・出産させ続けられます。通常は2〜3歳で初妊娠、一度出産したら間に2〜3年はあけるべきだから、いかに酷い虐待行為が行われているかがわかります。

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2450-33ab0ca2
該当の記事は見つかりませんでした。