J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

野菜が届く前日は茶色い三食を楽しむ

IMG_0633.jpg

おまかせ野菜セットが届く前日、怖くて買い物が出来ない日のおしのぎメニューです。主食は玄米!と思うと、本当に気が楽ですね。あとは、何もないからと簡単に作ってサボる

写真は朝食の茶粥。昔、奈良で「粉ほうじ茶(茶粥用)」なるものを見てビックリしたことがあります。そんなに茶粥が好きなんか?!うちにはそんな便利なものはないから「三年番茶」を紙バッグに入れて10分煮出し、そこに小豆入り玄米ご飯・塩を入れてちょっと煮込んでみました。三年番茶のせいかなぁ、塩はひとつまみちょい入れたのに、ちーっとも塩を感じないの。逆に甘い。

お伴は蜂蜜とか入ってない昔ながらの塩っぱい、すっぱい梅干し、ラディッシュのぬか漬け、カブ葉の炒め煮。茶粥には黒ゴマ塩とよもぎ粉をふりました。朝は茶粥、いいよねぇ〜温まりした

IMG_0638.jpg

昼は、チャーハンとか?「あっ」ご飯がなかった...てことで、玄米粉の出番。一番最初に作った大根餅のレシピで大根なし餅で、五平餅っぽいものを作ることに。

白玉が17gしかなかったので、足りない13gは全粒粉地粉にしました。玄米粉90g。水分は大根おろしがないので出汁をチビチビ入れてボウルからタネが離れたらストップしたところ、耳たぶより硬いよねってことで出汁を追加。でも、これが失敗。タネがテレテレになっちゃいました

これでは小さな平たい餅に成形不可。てことで、一塊のまま蒸し器に。20分蒸したら、かなりハードな餅ができてました。これは網で焼くかべきか、それとも油で焼くべきか...網だとタレがガス台に飛び散って掃除が大変よね。てことで、ごま油で焼いてから、タレをからめてみました。

仕上げに甘味噌ダレを落として完成。かんた〜ん。味噌ダレは、麦みそ、味醂、醤油麹で作りました。テキトーだったけど、このタレが美味しかった。餅は玄米粉メインてことで、スベスベなものじゃないけど、食べごたえバッチリ。さすがに全部は食べられませんでした。

IMG_0651.jpg

夕食は、車麩をすき焼きに入れるって聞いたから、玉ねぎとエリンギを合わせて作ってみました(ネギがなかった)。割り下は醤油、味醂、出汁。車麩は水でもどして水気を切り、地粉をはたいて表面がカリっとなるように炒めてあります。これが味付けバッチリで大成功 玉ねぎはとっても甘いし、車麩も美味。ちなみに車麩は割高でもムソーのものをオススメします。

付け合せは、切干大根とワカメの酢の物(ちょっと酢が多かったな)、芯近くのレタスと残り僅かだった人参のマスタード&ニンニクドレッシングがけ(このドレッシングはテッパン!)、常備菜玉ねぎのマリネと蒸し大豆のサラダ(大豆が甘いから大好物。粒マスタードとパセリを混ぜてあります)。手抜きで簡単と思ったら、全ての付け合せに「酢」を使ってました。かぶりまくり まあ、いいよね、好きなんだから。

少しずつでも残り野菜の種類があったら具だくさん味噌汁にして、高野豆腐程度でも良かったんだけどね。青菜のゴマよごしも食べたいなぁ。まあ、茶色い始末料理でも大満足でした。

*車麩のすき焼き風は2日分作り、翌日ご飯と一緒に蒸し器に入れて温めなおしました。冷蔵庫から出した時は干からびてましたが、チンではなく蒸したことで水分が蘇って、翌日のほうが美味しかったかも。

IMG_0642.jpg

おまけ。実験よもぎ豆乳オレです。よもぎ粉と豆乳で作ってみました。抹茶ラテの代用ドリンク的位置づけかな。味?うーん、豆乳はNGかなぁ。やっぱり、豆腐臭いです。でも、よもぎは抹茶もどきになれると思います。もちろんお茶ではなく緑の香りだけど、渋みというか苦味というか抹茶の後味に似ているの。豆乳をアーモンドミルクやライスミルクにしたらどうかと。また試してみたいと思います。

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2511-f50a7e38
該当の記事は見つかりませんでした。