ほんのり甘い豆腐の炒り玉子風お丼

IMG_0986.jpg

昨日は、leaning&dinningさんのマクロビオティック基礎コースに行ってきました。習ったのは、こんにゃく・豆腐・油揚げの下ごしらえ。こんにゃくは、ビックリの4行程の下ごしらえがありました(毎回、必ず4つこなす必要はないそうですけど)。こうした昔ながらの調理法を習うのは楽しいものがあります。

写真は、お鍋の中であんなもの、こんなものをいつものように炒め、卵に見立てた豆腐と色付けのためのフレーク状コーンの炒り玉子風お丼です。決して卵ではないけど、甘いもの(砂糖とかじゃないよ)がのったご飯は久しぶりだったので、美味しくいただきました。今度はサンドイッチ用に、自宅で復習したいと思います。その前に、美味しい豆腐をゲットしないとね。これまた苦労するんだけど

IMG_0987_2.jpg


今回のサイドディッシュは、ほとんど先生がご用意くださいました。大根は、醤油で煮ただけとか。とろとろで甘い。大根と醤油が良いからですね。日持ちする(私にとっては重要)そうなので、今度作ったみよ〜と。

IMG_0989_2.jpg

お皿の上のデザートの写真を撮る前に食べてしまった私...残ったものをパチリ。マクロビオティックのお正月料理・きんとんです。百合根をりんごとサツマイモのペーストで包んだもの。色はビーツの赤です。砂糖がなくても、十分甘いものができるんですねぇ。和菓子見立てってことで、百合根なしの黄色バージョンで作ってみようかなぁ。最近、スイーツにも興味が出てきた私です...
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment