J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

マクロっぽくない朝食プレート

IMG_1231.jpg

やる気のない内容と盛り付けですみません 冷蔵庫・冷凍庫の中の残り物やストック品のマクロプレートです。

ブロッコリーは豆乳マヨで。最近、ブロッコリーはル・クルーゼやストウブで蒸煮にしてます。鍋にブロッコリーを入れて、少量の水を注ぎ塩をパラバラ。あっという間に柔らかくなります。茹でたのとは違うソフトさ。蒸した時みたいに時間の経過で変色しないのも良いですね。潰して加工するのも楽です。

お隣は、春菊・大根・林檎・ヘンプシードのサラダ。春菊が届いた時だけ食べられる私の好物。マイブームだから、サラダはこればっかよ。ポイントは鍋に入れる強い香りの春菊ではなく、柔らかくて香りも控えめなものを選ぶこと、そしてヘンプシードでこくを出すことかな。ヘンプシードはゴマみたいに香りが強くないから、何にでも合います。炒ったり、すったりしなくていいから使い方が簡単でオススメです。

黄色いのは冷凍してあったパンプキンペーストを出汁でのばしたスープ、黒いのは穀物コーヒーです。

パンは、逗子のわかなぱんのくるみパン。砂糖が入ってないのもあるけど、生地が変に甘くないのが良いですね。そして石窯で焼いたようなフレーバー。イメージとしてヨーロッパの田舎?そんな素朴なパンです。お値段は素朴じゃないけど

IMG_1258.jpg

こっちは、炒り豆腐のリメイクで作ったトーストサンド。再加熱の際、カレー粉で黄色く、旨白ゴマペーストでまろやかさををプラス。トーストには豆乳マヨを薄く塗ったので、ちょっと酸味も加わりました。

わかなぱんの食パンも素朴ですねぇ。わかりやすいパンです。

さて、サンドイッチの食感は卵サンドによく似てます。ただ、お味が...豆腐素材ってだけでなく、マヨベースの味付けじゃないこともありますよねぇ。美味しいけど、優しすぎというかアレンジ不足かなと。目先は変わっても、結局は前日の残りものでしょ。言われたら返す言葉がない...乳製品使えないから、ナッツ、野菜などを追加することで変化させるしかないのかなぁ。さすがにレーズン入れる勇気はなかったけど、炒り豆腐の味付けを変えれば、翌日レーズン入りの甘いタネも作れるかも...あくまでも想像だけど

それはそれとして、マクロ食でも見た目だけでなく、味的にも普通の朝食が作れますの。シンプルな味付けだけに、素材の力が重要ですけどね。

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2590-36e7b073
該当の記事は見つかりませんでした。