J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

本を見ただけでは美味しい料理が作れないワケ

IMG_1241.jpg

マクロビオティックの独特の調理法について詳しく書いてある本を探していくつか買ってみた私。でも、里真先生の「家庭料理800種」は、マクロを知らない人が見てもちーっとも分からない位とっても簡単なもの。松本先生の「穀菜和食」は比較的丁寧に書いてあるけど、これまたマクロの基本を知らない人が真似ても同じものは出来ないと思います。それだけ、マクロは調理法が重要ってことです。

素材ごとに想像して料理している私は、高くてもいいからどこかに詳しい本はないか先生に聞いてみました。でも、「どこにもないのよ」とのこと。つまりは、やたら詳しく説明すると誤解を招くし、DVDにしても何十分も炒めている様子だけ見せても...てことらしいです。結局、実地で習わないと分からないという結論に達したわけです。

これらのことから、マクロの勉強をしていない人が、いくら本を見て作っても「マズイもの」しか作れません(断言しちゃうよ)。私も習ったことの一番肝心なことは書かないし、著作権、その他侵害するようなことは出来ないので、当たり障りない紹介の仕方をしてます。ご理解のほどよろしくお願います マズイものは紹介してないので、本当に美味しいってことは信じて〜〜!

IMG_1234.jpg

さて、牛蒡デーです。鍋を並べて牛蒡2本を料理しました。

写真は「牛蒡のしぐれ煮」。松本光司先生の本を参考に作りました(本の通りには作ってません)。牛肉に似た感じになるとコメントがあったので、レシピにない味醂をちょっと入れました。食感は..やっぱり牛蒡だよ。でも、美味しい!玄米というより、白飯にピッタリな味かなぁ。ベジタリアンなら、温泉卵とか生の黄身とかのっけて、丼にしても美味しいと思います。

IMG_1239.jpg

こちらはきんぴらゴボウ。切り方がマクロ式=牛蒡と人参の長さを揃えて斜め輪切りにして、それを細切りにしてます。牛蒡のアクを飛ばすのは大変だから、細切りなのね。作り方を習ってないので、なんとなく炒めが足りないような(この後にももう一回作って、これはクタクタにしてみた)...でも、びっくり甘いキンピラになったから、上手に味を引き出せたかなと思います。味付けは醤油だけです。

IMG_1240.jpg

はい、これで一週間分。冷蔵庫から出して並べるだけの惣菜なので、かなり楽できますよねぇ。良質な素材で作ると、醤油だけでもちーっとも飽きない味になるのもありがたいところ。出来合いのものはすぐに飽きちゃうから、家庭料理に勝るものなしってことなんですねぇ




にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2592-aef92511
該当の記事は見つかりませんでした。