J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

高きびのつくね風ミニハンバーグ

IMG_1540.jpg

高きびと大豆のつくね風。レシピは、「お弁当からはじめるマクロビオティック」から。本当はレンコンで作りたかったけど、蒸し大豆があったので、レシピ通りに作りました。

IMG_1537.jpg

タネ作り。すり鉢には、潰した蒸し大豆、炊いた高きび、炒めた玉ねぎが入ってます。これに味付けしてから小さく丸め、粉をはたいてフライパンで焼くだけ。最後に、甘塩っぱいタレを絡めれば完成です。

IMG_1544.jpg

お味ですが、やっぱり高きびだと粉っぽい感じがしますねぇ。大豆と合わせてるからぼそぼそするし。好みだけど、レンコンのほうが食べやすいと思いました。でも、見た目はバッチリひき肉よ。それと、食べた感があるから、お弁当にはピッタリだと思います。

IMG_1542.jpg

すり鉢を出したので、ついでに小雪さんのごはん作り。これは、玄米ご飯を潰しているところ。これまでは、玄米ご飯と野菜を何十分もグツグツ煮てたけど、どうも消化しないようでウンPにはしっかりと玄米のツブツブが...バーミキサーで粉砕するとトロトロになっちゃうし、フープロも出すのが面倒ってことで手で潰すことに。この後、野菜と一緒に煮ておじやにしました。一回に5〜7日分作って、小分け冷凍しておきます。そして、ご飯の都度、おじや、蒸し肉、出汁をステンレスの計量カップに入れて温めてます。同サイズのル・クルーゼココットロンドもあるけど、計量カップのほうが便利なの。ご飯のトッピングはすりゴマだったり、きなこだったり、適当にかけて与えてます。

IMG_1517.jpg

私はカリカリを器にいれるだけの食事に後ろめたさがあって、仕事が忙しい時も小雪さんには手作りご飯を与えてました(母の影響)。もちろん、時々は数ヶ月単位で、安全なドッグフードを混ぜたりして与えることもあったけど...それで分かったのが、ドッグフードを肉代わりにすると体重コントロールが難しいってこと。完全手作りだと、肉や全体の量を減らせばすぐに体重も減ります。まさにさじ加減一つで思いのまま ドッグフードって何が入ってるのかしら、量を減らしてもそんなに簡単に痩せないのよねぇ。うちは肉の代用品としてドッグフードを少量使っていただけで、あとは野菜スープ。それでも体重コントロールできなかったから、フードだけで結果を出すのって、かなり厳しいなと思いました。

てことで、老犬や肥満に困っている犬は完全手作りが一番ですよ。ちなみに、うちの小雪には間食の習慣がないので、食事だけでコントロールしてます

Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2615-1ea93eef
該当の記事は見つかりませんでした。