J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

旨!ココナッツオイルの手作り生チョコ

IMG_2025.jpg

バレンタインが過ぎたらチョコが食べたくなりました。食べたいものは買わずに作る!で、出来た!ビックリするくらい「生チョコ」してる生チョコが

レシピはこちら→

IMG_2023.jpg

材料も作り方もシンプル過ぎて申し訳ない感じだけど、食感は生チョコそのもの。ココナッツオイルの特性を活かしたレシピだと思います。やはり料理は化学ですね。

今回使用した材料↓ アレンジで香りづけしました。これがあるとないとでは、全然違うような気がします。で、個人的に生チョコにお酒は必須!だと思います。

・オーガニックヴァージンココナッツオイル or プレミアムココナッツオイル(精製済) 100g 
☆追記:ものによるかも知れませんが、無精製は湯煎しても白濁色でトロトロ状態。ホロホロのチョコになります。
精製したものを使えば、湯煎後は無色透明のサラサラオイルになり、できたチョコもくちどけ滑らかなトロけるトリュフチョコになります。チョコに近くで美味しいのは精製オイルになります。

・オーサワブラックココア 30g
・メープルシロップ+アガベシロップ 70g
↓これらがないと美味しくないです。
・有機オレンジエクストラクト 少々
・コアントロー(←リキュールなので、マクロ的には推奨できず..)ほんの少し

IMG_2024.jpg

どの型に入れて固めようか迷ったけど、簡単に取り出せるという理由から、シリコン製プチパウンド型を使いました。これは良い選択でした。取り出しで苦労すると疲れますから。

ただ、型に入れてる途中から生地が固まってきて、結局形は凸凹に まあ、ココアをまぶしてしまえば、「こんなもんか」って感じになるけど。生地がトロトロの時に入れたものは、テンパリングしてないのに表面がツルツルつやつや。キレイに型入れできれば、プチハート型も素敵かな。

IMG_2028.jpg

最後に包み紙について。左から、ベーキングシート、パラピン紙(薬包)、ワックスペーパー。ベースがココナッツオイルなので、ベーキングとパラピンはオイルが浸透して速攻茶色くなりました。プレゼントに使うならワックスペーパーが良さそうです。

それと、最後の作業は素手ではなくビニールの使い捨て手袋を使うと良いです。指紋が付かないし、体温が伝わりにくいので作業がスムースに行えます。この手、ハンバーグ作り、稲荷ずし作りにも活用できます。手に付かないので手水・手油とか不要。ミンチも米一粒も無駄にしないで済みますよん。



 オーサワ オーサワブラック...

 オーサワ オーサワブラック...
価格:673円(税込、送料別)


Category : 食べ物
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2648-8624a34f
該当の記事は見つかりませんでした。