洗い流せるクレンジングオイル

_MG_2714.jpg

母のリクエストでクレンジングオイルを作りました。「左り馬のあれにして」と言われましたが、そんなの無理じゃん。あの手のオイルで浮かせて水で洗い流してしまうのって、むかーしシュウウエムラが出した時に使ってたことがあるなぁ。

まあ、使い勝手で好みは色々。母はそれなりの年齢なので、マッサージオイルも兼ねてオレンジフラワーさんのしっかりオイルのレシピで作ってみることにしました。

レシピにあるように油分の多い化粧を油で落とすのは理にかなっていますが、その油分を水と乳化させて落とすということで、乳化剤が必要になります。ここでは液体乳化剤のポリソリベート80を使っています。このお陰で洗い流せるオイルになるのですが、非イオン系の界面活性剤という点がちょっと気になります。

一応低刺激ということなので、母に作る前に自分のお肌で人体実験することにしました。作る分量はレシピの半分の25ml。そして、さっぱりタイプを選びました。使い心地はすこぶるよろしいようで、大変気に入りましたが、コストかかりすぎ 母用に予定している、しっかりオイルの方はやや安くできるのですが、どっちみち合成界面活性剤使用だからDHCでもいいじゃん。

なんて思っていたら、石けんを使ったクリンジングレシピを発見。キャスティール石けんならうちも端っこが残っているし、石けんが界面活性剤なら安心。取りあえず自分用は石けんで作ることにしました。それまでは、このオイルクレンジングを使うことに。オリーブスクワランとアプリコットカーネルオイルがベースなので、軽くて使い心地抜群なので。さてさて、石けんが勝つか、オイルが勝つか。ちょっと楽しみになってきました。

daisy1.jpg
↑の画像をClick Please!!!!! 本館・写真ブログOrange-Paprikaにも遊びに来てね♪ Twitterで、両BLOGの更新情報発信中!
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment