J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

事件だらけのUネックプルオーバー

av1.jpg

大川本「シンプルワードローブ」からUネックプルオーバーを作りました。布は、C&Sさんの綿麻ペンシルストライプ。シャツを作るつもりで買ったのに、ちょうど本の写真と同じような色とストライプだったので使っちゃいました

ヨークが前後身頃にかかるような切り替えになってて、ヨーク自身が袖にもなるという面白い形なの。だから、ストライプとか、身頃とヨークを色・柄違いで作ると仕立て映えすると思います。

変更したのは身幅と丈の二箇所。衿ぐりを狭くしたかったので、前後共中心で2cmマイナスしました。開きのない襟ぐりを狭くする時は、眼鏡をしたまま頭が入るかは事前にチェックしとかないとね。今回は襟ぐりマイナス4センチしたけど、ギリ大丈夫でした。この補正により自動的に身幅もマイナス4cm、袖丈はマイナス1cmになったけど、特に問題なし。

IMG_2820.jpg

丈は164cm超の自分に合わせて5cm長くしました。この型紙はフリーサイズで、写真のモデルの身長が155cmなの。かなりブカブカだけど丈はイイ感じでしょ?

型紙が完成したから、さあこれから本番って時に事件ですよ、事件 いきなり何か変なのです。前身頃を裁ち、後ろ身頃を裁ち、のはずが前身頃が2枚ある!型紙を確認すると、前身頃2枚型紙作ってた!それに気づかず裁断よ。ううう、あり得ない。前身頃は襟ぐりがあるから後ろ身頃は裁てません。仕方なく余り布で裁ち直し。用尺2.0mのところ型紙をギリで置くことで、布をたっぷり余らせておいて良かったぁ。

_MG_1889.jpg

予想外だったのが、事件が立て続けに起きたこと。ヨークを接ぎ合わせる時にまたまた異変が!なんと、1枚の袖口の角が欠けてるじゃない ケチってギリギリのところで裁ったら、下になったほうの布の角が切れてたらしいの。ちゃんと確認したのに...謎だ。まだまだ布には余裕があったから、ここでも何とかパーツを確保できたけど、本当にドキドキするわ。

しかし、しかしですよーーー、これでは終わらなかったの〜〜〜〜キーーーーー!!! 型紙の線のカオスに飲み込まれ、他のお袖(アレンジバージョン)を間違って写してたことが判明。正しい方が短かったからいいけど、逆だったらこのプルオーバーは作れなかったわ。ああっ、短くするならヨークの裁ち直しは不要だったのね。やたら悔しい。

_MG_1901.jpg

布を無駄にしまくった挙句に出来たのが、予想以上にコンパクトなもの。モデルさんを見ると、いくらなんでもデカすぎって感じだったのに、丈を5cm長くして身幅を狭めたらごく普通のプルオーバーに。襟ぐりも小さめに出来たから全体的におとなし目で、大人が着てもOKですね。お袖つけのないドルマン系だから、「ホールドアップ」を要求されるとおへそが丸出しになります 袖口はゴム入り。

ドタバタ大変だったけど、とりあえずはちゃんと仕上がって良かったわぁ。いや〜、本当に危なかった

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2720-60df221f
該当の記事は見つかりませんでした。