J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

ひらひら袖のブラウス

_MG_1914.jpg

ソーイング・ポシェvol.15に掲載されていた、スタイリスト佐藤かなさんの作品から「ひらひら袖のブラウス」を作りました。タンスに山のようにあったTシャツがほんどなくなり、今ではこの手のものはTシャツ的存在です。型紙フリーサイズを補正なしで作ったけど、意外とほどほどのゆとり具合。襟ぐりも開き過ぎになるかと心配したけど、これまた調度良さ気。下手に補正しなくて良かったわ。

布は、適当なのがなかったからC&Sさんのコットンパピエのドっピンク。大人にはちょいと可愛すぎる色ですよね デザイン的に無地や花柄でも良さそうだけど、ギンガム消化月間だから気にせず使うことに。

IMG_2902.jpg

こちらが、かなさんのコーディネート。可愛いですね。シックな色合いの柔らかそうなギンガムとシャツインが素敵です。

_MG_1916.jpg

後ろはこんな感じ。男らしい感じがするのは私だけ? まあ、形云々より、このピンクは上がります。そこにあるだけでウキウキ〜〜〜 ピンク効果って侮れませんわ。

_MG_1923.jpg

実際に着るとこんな感じ。着替えるの面倒だったから、こんなカーキ色のユニクロパンツでごめんなさい。まともなコーデはかなさんにお任せします。私はこれで、ジムに。絶対に涼しいよ〜〜、間違いない!

_MG_1924.jpg

横からのスタイルは、この手の服のラインですね。ハンガーだと横に広がるけど、女性の体はとくに立体的だから、正面より横のほうがボリューム出るの。柔らかい生地がオススメとも言えます。

_MG_1915.jpg

襟ぐりは見返し処理で、カーブのあるVネック。とてもキレイな形だし、個人的に、この開き具合が好きです。

技術的に未熟ってことで、見返しの2本のコバ間でウネウネが出てます(仕様では見返しの端はヒラヒラのまま)。ミシンのかけ方かな。上手に処理できませんでした。あと、袖付の印に合わせると、袖下に布が集まるようになっていて、ここら辺が上手にできなくてイライラ。最近のお洋服にありがちなパターンですね。可愛くて超簡単だけど、気持よくは作らせてくれない...。

まあ、きれいにできなくてもTシャツカテゴリーだからいいんだけど。間違いなくTシャツより涼しいはずだし。これ、夏と汗嫌いの人にはすごーく重要なポイント。短い丈で風スースーだから、ある意味裸同然!!!私的にメチャポイント高し!!

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2727-78f460c6
該当の記事は見つかりませんでした。