J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

醤油2種で味比べひしお味噌作り

IMG_2959.jpg

「ひしお味噌」が切れてから数ヶ月、夏を待ち続けた私。なぜなら、発酵温度30度がベストという「ひしお味噌」作り、待つしかなかったのよねぇ。でも、今の私には必殺発酵メーカー・ヨーグルティアがあるのだっ!(旧型を持っていたのを忘れていただけのアホ)。しかも、新旧2台あるんだから、二種類の醤油で仕込んで味見実験なんてどうかしら。まあ、本当の理由は、ひしおの糀一袋分がヨーグルティア1台では使い切れないからなんだけど

それは、それとして、実験に使う醤油よね。とりあえず、オーサワ有機生醤油と丸中醤油。この2つ、とても美味しい醤油だけど違うタイプだから面白いと思うの。オーサワは私の好きな醤油で、これを基準にすると丸中はキリッとしまったサッパリ系とでも言うのでしょうか、煮物に使うとその特徴が顕著にでます。味噌になってどう化けるか楽しみ!

IMG_2956.jpg

★材料 ヨーグルティア2台分
  • ひしおの糀 一袋550g
  • 醤油A 300cc
  • 醤油B 300cc
  • 水   300cc

まぜて30度にセットするだけ。一日1回かき混ぜるから、タイマーは24時間に。これを4日繰り返すわけです。

IMG_2970.jpg

この段階で見た目の違いはないですね でも、オーサワは開封したてということで、鮮度もあってちょいと赤めかな。冷蔵庫保存しても醤油の色って刻々と変化するからね。

IMG_2975.jpg

24時間後の様子。醤油による違いは全くないです。当たり前か。

IMG_2976.jpg

醤油の上に大きな粒が浮いてる状態なので、毎日上下を返して醤油と均等に混ざるようにします。しかし、何度見ても気持ち悪いお姿。

IMG_3007.jpg

四日後のお姿...全体的に柔らかくなったけど、姿はそんなに変わりませんね。とりあえず、保温器から出して、日に当てたりしながら三日。(この頃はまだそんなに暑くなかった)

IMG_3038.jpg

ガラス瓶に移し、数日室内に置いたらその後は冷蔵庫でじわじわ発酵させます。一ヶ月は置いたほうが塩が煮えてよろしいかと。上の写真では醤油の水分が目立ってるけど、現在二週間経過して完全に醤油と麹が混じってます。なめ味噌っぽくなってきました。

ひしお味噌はそのままでも十分美味しいけど、甘酒や香味野菜を混ぜてディップにしても美味。豆乳マヨネーズとの相性も良いし、便利な調味料ですね。

IMG_3040.jpg

なんと!冷蔵庫から半年前のものが出てきました。てっきり醤油麹だと思ってたけど、これはひしお味噌です。誰かにあげようと思って忘れていのね。ほうっておくと、これくらいトロトロになって甘味も増します。新しいのが食べごろになるまで、なんとかしのげそうです




Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2742-f9747812
該当の記事は見つかりませんでした。