もうボロボロ。フリルカーディガンブラウス

_MG_1967.jpg

去年の夏に裁断したまま放置してあったfilerさんのフリルカーディガンブラウス。秋にフリルの端っこに巻きロックして、縫製の準備は整ってました。でも、フリルが面倒!やっぱりギャザー作るのは苦痛だわ。服作りで、ギャザーとボタンホールが好きな人はいるのかな?

_MG_1968.jpg

布はC&Sさんの海のブロード黒。この布、とてもしっかりしてて縫いやすいんだけど、やたらデリケート。ロックミシンとかかけると押え金の当たった部分が光ってしまうし、ボタンホールの押え金がプラなので、これまたバッチリトラックのタイヤ痕状態。針穴が簡単に開くので、縫い直しNG。マチ針さえも場所によってはクリップにしないと危険。なのに、一番下のボタンホール位置を1cm間違えて(スケールの目盛がよく見えない)やりなおし 

それと、洋裁は縫ったらその都度アイロンで整えるんだけど、アイロンの先端でかけるような細い部分の当たりが特に強く、布がテカテカになっちゃう。布かますと縫い目が見えないし、もうヤケクソ!

_MG_1970.jpg

そんなこんなで、落ち込まないようにインターバルあけながら作りました(って、1年越しかよ!)結果から言えば、このデザインに海のブロードは合わなかったなと もっとふんわりした布か、タイプライターみたいにパリパリしてても薄い布が良いと思いました。でないと、プチ・アントワネットが凛々しく立って目立ってしまう

とにかく、これはボロ布レベルの仕上がりです。あまりの酷さに途中で捨てようと思ったけど、仕上げないと改善ポイントが分からない。てことで形にだけはしておきました。一見問題なさげ?でも、裏は絶対見ちゃダメよ。「鶴の恩返し」よりきっと恐ろしいことが起きます..

フリルカーディガンブ...

フリルカーディガンブ...
価格:1,080円(税込、送料別)

  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment