J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

ハギレで継ぎ足しフレアーブラウス

_MG_2283.jpg

mionさんの会員限定フレアーブラウスを作りました。これ、生地幅120センチ以上ないと型紙が入らないから、足りない部分はハギレをくっつけときました それが脇のチェック。赤のタータンとかが可愛いけど、大人だから頑張らずに地味色のハギレでヨシとしときました 本体は、HARUさんで買った、ちょっとニットに見える布帛コットン。

フリーサイズだったので、型紙の中央で前後身頃各マイナス2センチし、合計で4センチ狭くしました。この補正だと頭が入るかどうかだけど、ギリギリなりにもすーっと入りました。布帛だと、これ以上の中央での補正は無理かな。

_MG_2285.jpg

やや斜めから見てもチェック部分はこの程度しか見えません。てことは、正面からだと完全にグレ〜〜〜!うーん、この接ぎは意味があるのか? チェック生地を目立たせるには、もっと広い範囲で切り替えるか、ニットなどのテロテロと落ちる素材でじゃないと上手く行かないかもね。

_MG_2284.jpg

ハギレなもので、大きなチェックの柄合わせなどできるわけもなく、前後で柄は違うの。その気になる連結部分が埋没ってるから、写真では合わせたかのように見えます 

IMG_3699.jpg

実は、このブラウスの背中には接ぎがあります。オシャレかな、差し込みする時用に親切でぶった切ったのかな?別に「わ」でも良さそうですよ。ただ、次は、ここを利用しようと思ってます。簡単に背中に開きを作り、見返しはパイピングにし、開きはその延長したリボンで結んで閉じるようにするの。開きさえ作れば、えりぐりはもっと小さくしてもいいかもね。中にタートルと着れないかもだけど、一枚で形になるでしょ。

ところで、写真左のロングスカートはハギレさんの母体。polka dropsさんのかんたんすっきりギャザースカートです。タック部分を何枚も作ってるギャザーパンツと同じにしたから、仕様よりタックがより長く、表からコバもしてます。このスカート、脇がタックの谷になってて、前後で同一方向に倒すから、車ヒダみたいな感じのスカートです。

ブラウスはまだ大きい感じですね。でも、着やすいし可愛いし、重宝しそうですよ。おまけに中途半端なハギレも消化できたし、まずは満足、満足

Category : ソーイング
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2814-28edfa2b
該当の記事は見つかりませんでした。