J*の手しごと | 心に余韻を感じる生き方ができたら....もう少しゆっくり、優しい時間を大切にしたい。

足湯セットで毎晩ぽっかぽか

IMG_3759.jpg

マクロビオティック的に、入浴は「陰性」の行為だそうです。つまりは身体を冷やすのね。下手な半身浴だと肩が冷えるし、通常の入浴はバーっと汗が出てその後は冷えるだけ。つまりは湯冷めしやすいってことなんでしょうね。じゃあ、マクロ的な正解は?というと、足湯なんですねぇ。でも、熱湯の入ったヤカンを横においてのバケツ足湯だと温度管理が面倒だし、どうも暖かくならないのが不満でした。そこで、今年は専用の発泡スチロール製の足湯セット「フットバスPRO」なるものを買いました。これが買って正解で、保温力が高く、大満足してます

あまりにも気持ち良いので、お風呂あとでも足湯を寝る前の儀式にしている私 準備は簡単。容器に45度(給湯器)のお湯を入れ、お鍋で沸かした熱湯を足して好みの熱さにします(熱めが好きなので)。この時、水量をフル満タンにすると重くて移動が大変なので、容器の半分位の脹脛の下あたりの水位がよろしいようです。これをバスマットの上にセットしたら付属のカバーをし、足を入れたら更にひざ掛けで保温力を高め、あとはテレビを見たり手元で出来ることをしながら1時間過ごします。

今のところ暖房は使ってないので、ジム帰りの夜はかなり身体が冷たくなってます。それもあるのかな、私の場合は40分過ぎた頃から全身じんわりと汗が出てきます。1時間も入ってると、頭から汗が滴り落ちてくる位温まるのが凄いですね。しかも、これが実にじんわりしたもので、気づくといつのまにか温まってるって感じなの。お風呂みたいに急激でないところがマクロ推奨行為らしいなぁと思いました。時間をかけて温めるとその分長続きするから、足湯後は湯たんぽなしでもへっちゃらよ

実は、この足湯の良いところがもう一つあります。それが、踵がふかふかになること。足を1時間もお湯に浸けるから、ローションや軟膏がスースーと入って行くの。お風呂だと、バスタブと洗い場を行ったり来たりなのでここまで柔らかくならないのよねぇ。そもそも、その柔らかさがお風呂でふやけたのとは違う感触だから、触っててモチモチで面白いです(若返ったよう)。しっかりケアをして、冬でもツルツルの踵キープですね 

IMG_3758.jpg

オマケ。こちらは、蒸し芋を天日干ししているところです。陰性の芋に熱を加え更に天日に干す。体を冷やさないための一手間ですね。こう言うと聞こえは良いけど、単に甘味が増しておいしくなるからやってるだけのことなんだわ。それって、単なる食いしん坊〜〜〜ってことですかね

Category : その他
Posted by orange-paprika on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://orangepaprika.blog130.fc2.com/tb.php/2818-7f973aff
該当の記事は見つかりませんでした。